読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

妄想劇場一考編


妄想劇場一考編


信じれば真実、疑えば妄想……

冥談「ミステリー列伝」歴史の闇



世田谷一家惨殺事件の恐るべき「真実」

いまだに犯行動機さえわかっていない
世田谷一家殺人事件、
私は「真犯人」を知っている〜
事件を迷宮入りさせた警察の致命的失敗と
マスコミの怠慢

「あの時は、絶対にこいつしか真犯人はいないと思った。
それで、必死に行動確認や裏付け捜査に走ったんだが……」
話すのは長い間、世田谷事件を担当してきた元捜査員だ。
世田谷事件は、20世紀最後のカウントダウンが
まもなく始まるという2000年12月31日午前10時55分頃、
東京都世田谷区上祖師谷3丁目の会社員、
宮澤みきおさん(当時44歳)宅で、
みきおさんと妻泰子さん(同41歳)、
長女で小学2年生のにいなちゃん(同8歳)、
長男で保育園児の礼君(同6歳)が
惨殺されているのが見つかったものだ。

現場には犯人のものと見られる指紋や掌紋、
足跡、血痕、さらに凶器の柳刃包丁をはじめ、
犯人が着用してきたジャンパーやトレーナー、
帽子などの衣類とヒップバッグなどの“物証”が
数多く残され、事件は早期解決が予想された。

だが、発生から15年経った現在でも、
犯人が逮捕されるどころか、犯行動機さえ
はっきり分かっていない。
05年と10年の改正刑事訴訟法施行で、
殺人事件の公訴時効が延長・撤廃されていなければ、
15年の大晦日にも時効を迎え、まさに警視庁の
特捜本部は解散に追い込まれる運命にあったのだ。

冒頭の元捜査員が言う「あの時」とは、
事件発生から5年余りが経った06年初め頃のことだった。
宮澤さん一家の交友関係を調べていた特捜本部は、
泰子さんとにいなちゃん母娘の周辺に見え隠れする“
ある男”の存在に注目し、連日にわたり行動確認するなど
内偵捜査を行っていた。

その男は時折、にいなちゃんがバレエやピアノなど
“習い事”に通っていた先の周辺に姿を見せる若者だった。
少女に興味があるのか、にいなちゃんをじっと見つめて
後を付け回したり、他の少女にくっついて、
やたら体を触るなどトラブルを起こしていた。

特捜本部は、犯人が現場で効率良く動いて
次々と4人を殺害し、飲食したりパソコンを操作して
長時間居座るなど、宮澤家の内情に詳しい点を重視。
泰子さんとにいなちゃん母娘に対してだけ執拗に切り付け、
死体を毛布で覆っていることから、
母娘に恨みを抱く顔見知りの犯行と見て調べていたところ、
この男が浮かんだ。
男がにいなちゃんにまとわりついていたのを
泰子さんが気づいて阻止し、それを逆恨みして
犯行に及んだと考えたのである。

この事件は、なぜ犯人がメッタ刺しなど
残虐な手口で幼子まで殺し、
何を探して派手に物色したのかが不明。
中2階浴室の小窓とされた侵入口も、
脱出痕はあるが侵入痕はないなど
謎だらけなのだ。

私は韓国マフィア元ボスの情報提供などから
独自に取材を進めた結果、
実行犯として韓国・ソウル市に住む元韓国軍人の
李仁恩(仮名)、主犯(指南役)として都内在住の
元宗教団体幹部、金田秀道(仮名)をマーク。
その周辺を取材していくと、次のような事件の
筋書きが浮かび上がってきた。

事業失敗で多額の資金を必要としていた金田が、
宮澤さん宅に隣接する都立祖師谷公園の拡張に伴う
移転補償金など1億数千万円を狙って犯行を計画。
言葉の発達が遅かった礼君の発育支援と称して
宮澤さん一家に近づき、自分に心酔する李に
自分を知っている4人を殺害させたうえ、
現金や預金通帳、一家と自分の繋がりが分かる
書類や年賀状などを奪わせた…というものである。

宮澤家周辺では、移転する家屋を安く買い上げ、
転売を繰り返した末に東京都に高く売りつけて
荒稼ぎしようとする不動産ブローカーや
暴力団系地上げ業者が跋扈し、
宮澤家の内情を調査したり家族の動向を
見張っていた形跡があった。

彼らは宗教団体の不動産取引を通じて知り合った
金田と結託、宮澤家に土地売却を持ちかけて、
応じないと嫌がらせしたり圧力を掛けていた。
さらに金田や不動産ブローカーの背後には
“隠れオーナー”として投資顧問会社元代表Xがいた。
私の追及に金田が「世田谷事件は
私がやらせたことじゃない。本当の黒幕は
Xだ」と自白したのだ。

こうした実行犯と主犯を分離した事件の筋書き、
李の性格や軍隊歴を考えれば、
残虐な皆殺しや激しい物色痕など疑問点のほとんどは
解消できる。
また、金田の紹介で礼君の発育支援と称し
訪ねてきた李をみきおさんが招き入れたとすれば、
侵入口の謎も解決する。

私は03年に李の指紋をこっそりと採取し、
旧知の警察関係者を介して非公式ながら
世田谷事件の遺留指紋と照合した結果、
不鮮明な指紋だったが、ほぼ一致するとの結論を得ている。
また、犯人が着てきたジャンパーのポケットから
採取された土砂粒が李の出身地である
韓国・京畿道水原市周辺のものと一致したことや、
ヒップバッグから検出したガラスビーズを使っている
印刷所に李が出入りし付着した可能性があるなど
他の共通点も確認した。

これら事件の真相解明に繋がる新事実は、
世田谷事件を迷宮入りに導きつつある警察当局の
致命的失敗と報道各社の怠慢ぶりを明らかにした。

初動捜査の失敗

警察当局が犯した最大の過ちは、
初動捜査の失敗である。
特捜本部は、犯人を「指紋や物証を随所に残し、
自らもケガした“賢くない粗暴な若者”か
“精神や性格に問題を抱えた人間”に
違いない」と決めつけ、「捜査網を広げ
不審人物情報を掴むか、病院で張っていれば
即逮捕できる」と“油断した”としか思えない。

何しろ、現場で犯人がパソコンを操作したり
電話器のコードを引きちぎった痕跡を
見落としたか軽視し、未明に逃走したと思い込み
緊急配備さえ敷いていなかったというから
お粗末極まりない。
今や見込み捜査は最大のタブーだが、
世田谷事件では一番大事な初動捜査段階で
幾つもの見込み捜査(誤算)を重ねていたのだ。

最初の誤算は遺留指紋。
警察庁の指紋自動識別システムをはじめ
当局に登録された前歴者など約1200万人分の
指紋にヒットせず、慌てて宮澤さんの親族や
仕事仲間、交友関係、自宅周辺の住民ら
2000人以上の指紋を片っ端から採取し照合したが、
合致しなかった。

第2の誤算は、犯人がけがの治療のため
医療機関に現れなかったことだ。
都立駒込病院広島市民病院など
医療機関から「右手のけがの治療に現れた
挙動不審な男がいる」と通報があり、
有力情報だけでも事件後3週間で50件以上に上ったが、
すべて事件とは無関係だった。
そうした情報の確認に追われたことも、
聞き込み捜査などが十分に出来なかった
原因ではないかと言われている。

第3の誤算は、特捜本部が犯行動機を詰め切れず、
精神障害・性格異常者による通り魔犯行説に走り、
空振りしたことであろう。
特捜本部は当時、年末年始休暇で精神科病院などを
一時退院した者を徹底的にマークし、
宮澤さん宅を中心に半径1キロ以内で
ローラー作戦を展開、変質者などの洗い出しに
全力を上げていた。

また、性格異常者による犯行の場合、
事前に動物を虐待する事例が多く
、宮澤さん宅周辺を調べたところ、
2000年8月から事件直前の12月中旬にかけ、
ネコの皮膚が剥ぎ取られたり
目にクギを刺し込まれるなどの
虐待事件が頻発していたことを突き止めた。
ただ、後に動物虐待犯として銀行員を逮捕し、
ボーガンで狙い撃ちしていたことが判明したが、
世田谷事件とは関係なかった。

日本人犯行説に固執

この段階で特捜本部が原点に立ち返り、
幅広い可能性を視野に入れ捜査すれば
良かったのだが、なぜか日本人犯行説に固執した。
犯人が宮澤家のトイレに残した大便から
インゲンのゴマ和えを検出したとか、
物色痕から犯人に漢字を読む能力があるといった
曖昧な根拠が多く、とても納得できなかった。

もっとも、現場の足跡から犯人が
韓国で限定販売された靴を履いていたことが判明、
帽子やヒップバッグも韓国製だったことから、
特捜本部はかなり早い段階で捜査員を韓国に派遣。
遺留指紋と韓国国民の指紋の照合を要請しようとしたが、
「その程度の理由で我が国民を疑うとは怪しからん」と
拒否されたことも災いした。

そのトラウマに加え、特捜本部を仕切る捜査一課が
現場付近に生活歴のある日本人犯行説を採ったのに対し、
公安当局が韓国人を含む外国人犯行説を主張したため、
お決まりの刑事対公安の対立構図が浮上したことも、
捜査を迷走させる原因となったと言えよう。

中には「日本人は精神などに問題がない限り、
こんな残忍な殺害はできない
。宗教や思想の違う外国人、それも音を立てないように
忍び足で階段を横歩きした痕跡があることから
軍隊経験者ではないか」と考える刑事もいたが、
大勢に飲み込まれてしまった。

こうした特捜本部内の偏重が後に、
隣接する都立公園で騒いでいた若者たちと
宮澤みきおさんのトラブルに端を発した
スケートボーダー犯行説をはじめ、
過保護引きこもり少年、非行少年グループ、
半グレ集団、カルト教団信者……など、
日本人を中心とした“曖昧でありきたりな
犯行説”を次々と生み出していく。

異例の出来事

そんな中で起きたのが05年12月11日、
宮澤家近くで開かれた警察と住民による
追悼集会における“異例の出来事”であった。
特捜本部の女性刑事が約530人の参列者と
大勢の報道陣を前に、犯人に対して、
こう呼びかけたのだ。

「覚えていますか。死にたくないと必死に抵抗した
四人の姿を。
一家を殺してまで果たそうとした目的は
何だったのですか……答えを待っています」
さらに、女性刑事は犯人の家族に対しても、
こう訴えた。
「誰が犯人か、分かっているでしょう。
罪を償い、裁きを受けてこそ、
家族の新たな道が開けるのではないですか」

これは特捜本部がプロファイリングで打ち出した
「裕福な家庭で甘やかされて育った
日本の若者」という犯人像を念頭に
置いたものであることは間違いないし、
犯人の周辺に影がチラつく宗教団体関係者に
向けて捜査協力を呼びかけたという警察幹部もいた。

いずれにせよ、誘拐や人質監禁など
人命優先の事件を除けば、捜査のプロを誇る刑事が
犯人に呼びかけた話など聞いたことがない。
このニュースが流れると、国内各地はもとより、
世界中の警察・司法当局関係者たちから
「何かのパフォーマンスか。ニッポンの警察は
どうしちゃったんだい」と驚きと嘆きの声が殺到した。
韓国マフィア元ボスなどは「ニッポンじゃ、
警察官が犯人に捕まるようにお願いする
風習があるようだね」と嘲笑したほどだ。

捜査情報を垂れ流すだけのマスコミ

一方、大半のマスコミも、捜査の不甲斐なさを
批判する資格はない。
なぜなら、警察当局の発表を中心とした
捜査情報を垂れ流すばかりで、事件を独自に取材し
報じる姿勢を見せていないからだ。
捜査当局におもねり、横並び報道しかしない
マスコミの姿勢が、事件の真相解明の
妨げになっているからである。

いち早く詳細な捜査情報を入手し、
特ダネとして報じることがこれまで
事件記者の使命だと思ってきたが、
1984~85年のグリコ・森永事件で、
捜査当局やマスコミが「かい人21面相」に
いいように振り回された経験から、捜査情報だけを
頼りにしてはいけないと思うようになった。

事件発生から数年が経つ
と「事件から○年」の記念日報道が多くなり、
発表された捜査情報に基づき報道各社が
同じニュースを報じる傾向がある。
世田谷事件も全く同じで、
2013年頃から新しいネタがなくなり、
犯人の身長を5センチ縮めて170センチに修正したとか、
犯人が朝まで操作したとされたパソコンに
誤作動の疑いがあり、夜間に逃走した可能性が
出てきたなど、15年も経ってから
公表する話か、と首を傾げるニュースが流れた。

パソコン誤作動説は発生当初はむしろ有力視され、
深夜の聞き込み捜査しかしていなかったほど。
最近よく囁かれる発生時刻頃、
宮澤家方向から飛び出してきた右手にけがをした
不審な男の情報などは当時、散々調べて
結果を出せなかった情報であり、
15年も経ってから新たな目撃情報が
出てくる可能性は極めて低い。
それを新事実かのように報じる民放テレビの
特別番組も情けないが、
NHKが2回続けて流した未解決事件の特番は、
視聴者に情報提供を呼びかけるだけで
新しい情報は何一つなく、
マスコミ関係者が「警視庁の広報でも、
あんな番組は作らない」と酷評する酷い代物だった。

新聞・雑誌の紙媒体も同じで、
警察幹部に言われるままの記事しか書かない
週刊誌の女性記者が現れるなど、
目も当てられない惨状だった。
自分の足で取材した独自ネタを書いて、
事件の真相に迫って欲しいものである。
防犯カメラの映像ばかり追いかけ、
指紋やDNAなど科学捜査に頼り切った昨今の
捜査能力の低下と、捜査情報を垂れ流すだけで
権力批判やチェックの役目を忘れてしまった
報道のあり方が、未解決事件の急増を
招いていると言ったら、言い過ぎであろうか…

一橋文哉(いちはし ふみや)
本名など身元に関する個人情報はすべて非公開。
95年「ドキュメント『かい人21面相』の正体」
(雑誌ジャーナリズム賞受賞)でデビュー。
グリコ・森永事件、三億円強奪事件、
宮﨑勤事件、オウム真理教事件など
殺人・未解決事件や、闇社会がからんだ
経済犯罪をテーマにしたノンフィクション作品を
次々と発表している。

Author :一橋文哉




『1時間 だけのクリスマス•イヴ』





世田谷一家惨殺事件の恐るべき「もう一つの真実」

2000年に起こった凶悪犯罪といえば世田谷区で起きた
一家惨殺事件。
犯人に関するデータがとぎれとぎれながらかなり揃ったが、
肝心のホシ追い込みが全くできていない不可思議な事件。
ガイジン説や、土地勘のない地方出身者説など、
どんどん犯人像がオリジナルからずれてきた。

はじめは近所か知り合いによる犯行だと
いわれていたからだ。
私は警察でも公安でもないので、
直接現場の遺留品などにはアクセスできなかったが、
仕方がないのでご近所をあらったのだ。

一家殺害事件の直後のことだが、近所で17歳の少年が
自殺をしている。このことは一切、報道されていないのは
一つに彼の親が司法に携わる職を営んでいるから、
そして彼が精神を病んでいたからである。

新潮も、週刊現代もそのことについては
一切触れていない。おそらく
世田谷の裕福な世帯にはそういったネタを
吹聴しては楽しむような下種な人間が
あまり住んでいないのだろう。

彼についての情報も限られているが、
私の入手したものだけを頼りに言い切ってしまえば、
犯人がこの少年であった可能性は高い。
エリート家庭の出身であり、優等生であったが、
しだいに精神を病み高校を中退した。
海外に脱出したこともあったのだという。

誰も声高にはいわないものの近所では
真相を疑うものはいず、私の直接話した住民にしろ
2000年当時より、犯人は自殺した少年だということで
既にその界隈では終わった事件なのだというのだ。…

Author :阿修羅




Mituo 
時は絶えず流れ、
今、微笑む花も、
明日には枯れる




 
昨日という日は歴史、
今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー
 

 

 

P R

    カビの生えない・きれいなお風呂
   
  お風呂物語

 

 

Furo611