読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

チャンネル掲示板

チャンネル・ニュース

幸せがつづいても、不幸になるとは言えない
 不幸がつづいても、幸せが来るとは限らない



Mousou

昨日という日は歴史、
今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー
 

 

 
 
 

『1コ上のお兄ちゃん』

三歳ぐらいの時から、毎日のように
遊んでくれた1コ上の兄ちゃんがいた。
成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。
一人っ子の俺にとって、ほんとに
兄ちゃんみたいな存在だった。

小4の時、真冬にサッカーしてて
林に入ったボールを取って戻ってきたら
兄ちゃんが倒れてた。
慌てて抱き起こしたら吐いちゃって
その時は風邪ひいてるって言われて
バイバイした。

しばらくして入院したって聞いて、
病名も知らないのにお見舞いに行った。
退院できたけど学校には滅多に来なくなった。
外で遊んじゃいけないらしいんで、
毎週土日は兄ちゃん家にゲームをやりに行った。
よく兄ちゃんのママから
「来てくれてありがとうね」って言われて
近所のオバチャンからは
「○○君と遊んでるなんて偉いわね」って
言われた。

言葉の意味が俺にはさっぱり分からなかった。
(はぁ?友達なんだから当たり前の事じゃないの?)
純粋にそう思えるぐらいバカなガキだった。
しばらくしたら絶対良くなって、
また外で遊べるって思ってた。
親にも兄ちゃんのママにも、そのうち
良くなるって言われたし。

ある日、やけに兄ちゃん宅に
抜け毛が多いなって事に気付いた。
身長も俺のほうが上になったし、
外に出ないから肌真っ白だし、腕も超細いし。

その事を親に話したら、脳腫瘍っていう
難しい病気なんだよって初めて聞かされた。
兄ちゃんがあんまり長くないって事、
なんとなく分かった。
それから急に顔合わせるのが辛くなった。

遊びに行く機会が段々減っていって、
最後は全く遊ばなくなった。
しばらくして、晩飯の時間のニュースで
「病気と闘う中学生」みたいな感じの特集に
兄ちゃんが出てた。

見るのが嫌になってチャンネル変えた。
親に思いっきりビンタされた。
結局会う事になったのは2年ぶり、
兄ちゃんが棺の中に入った時だった。
兄ちゃんのママから「何か言ってあげて」って、
優しい声で言われた。

俺が遊びに行かなくなってから、
どんな気持ちで毎日家の中で過ごしてたんだろうって
そう考えたら胸が張り裂けそうになって、
何も言葉にする事ができなかった。
結局自分の事しか考えて無かった。
もっと沢山会ってあげればよかった。

本当にごめんね。謝っても謝り切れないけど
あれからは身近な人を、
いつでも大切にしようって思えるようになったんだ。
今年も線香あげに行くよ。


『母子家庭』



『死にたい』


私は今、15歳です。
中学校を卒業し、高校も決まりました。
そんな私が中学時代に体験した話です。
私はクラスで軽いいじめにあっていました。
誰が助けてくれることもなく、
ただただ悪口を言われ、無視をされる。
そういう内容でした。

そんな私は今日も1人‥クラスにいても
誰とも話さない。
それが当たり前になってきた頃でした。
私は、日記をつけ始めたんです。
人を傷つけないように日記に書いて
ストレスを発散しようと考えました。

1日目「今日は無視された。辛い辛い辛い。
どうして私なの?助けて、助けて。
幸せになりたい。」

2日目「今日もやっぱり無視された。
辛いよ。私がいなくなればいいのかな?」

3日目「もう辛いよ。疲れちゃった‥。
こんなになるなら死にたい。
私なんて要らないでしょ?
必要ないでしょ?」こんなことばっかり
書いていた。

それでも辛い時は1人で泣いていました。
そんな時、その日記が母にバレてしまいました。
私の母は子供が出来ないと
言われていたそうです。
それでもいいよと父がいい
結婚したと聞きました。

そんな時、母が言ったんです。
「子供ができないって言われた時、
凄い悲しかった。でも、あなたがお腹にできた時、
こんなにも幸せな事無いってぐらい
嬉しかったの。
なのに、お腹を痛めて産んだのに、
どうしてそんなこというの?」と、
言われてしましました。

それを聞いた時泣いてしましました。
「何があってもお母さんはあなたの味方。
どんなことがあっても、あなたを嫌いになることも
責めることもないのよ。
私の娘はあなただけだもの。」

そう笑顔で言ってくれたんです。
その時、こんなに愛されてるんだ。
私は生きてるだけで、
ここにいるだけで幸せなんだって、思えました。

だから、もし何かあっても
死にたいなんて言わないでください。
少し両親の気持ちになって考えれば、
バカなことしちゃいけないって、思えるはずです。

心配かけてごめんね。そして、ありがとう。
いつまでたっても忘れることのない出来事です。



『鳶職の父』




時は絶えず流れ、
 今、微笑む花も、明日には枯れる


マザー・テレサ

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。







P R

お風呂物語


カビの生えない・きれいなお風呂

Furo1