読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

歴史・履歴への許可証

歴史・履歴への許可証

昨日という日は歴史、
今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー


夢はでっかく、根はふかく。
花を支える枝 枝を支える幹 
幹を支える根 根はみえないんだなあ


Kobanasi_3


かぐや姫竹取物語』 日本昔話

むかしむかし、『竹とりのおきな』と呼ばれる、
竹とりのおじいさんがいました。
おじいさんの仕事は、山で取って来た竹で
カゴやザルを作る事です。
ある日の事、おじいさんが山へ行くと、一本の竹の根本が
ぼんやりと光り輝いてました。
「おや? 何と不思議な竹だろう」おじいさんは、
その光る竹を切ってみました。すると竹の中には、
大きさが三寸(さんすん→約九センチ)ほどの、
ぽーっと光り輝く可愛くて小さな女の子が入っていたのです。

 「光る女の子とは・・・。きっとこの子は、
天からの授かり物に違いない」
子どものいないおじいさんは、大喜びでその女の子を
家に連れて帰りました。
そして、おじいさんが連れて帰った女の子を見て、
おばあさんも大喜びです。
「まあ、まあ。なんて可愛い女の子でしょう。
おじいさんの言う通り、この子は天からの授かり物に
違いありませんわ」

おじいさんとおばあさんは、その女の子を自分の子どもとして
大切に育てる事にしました。 
女の子が家にやって来た次の日から、不思議な事に
おじいさんが竹を取りに行くと、竹の中に
黄金がぎっしりつまっている事が何度もあったのです。
おかげでおじいさんの家は、たちまち大金持ちになりました。

また不思議な事に、あの小さかった女の子は
わずか三ヶ月ほどの間にすくすくと育って、
それはそれは美しい娘になったのです。
大きくなった娘は、見る者を何ともいえない
かぐわしい香りで包んで、その心をとてもおだやかにしてくれました。
そしてどんなに暗いところにいても夜空の月がはっきりと見えるように、
体からあわい光を発していました。
そこでその娘は、『あわくゆらめく様に光り輝くお姫さま』と言う意味の
かぐや姫』と名付けられたのです。

その美しく不思議なかぐや姫を、世の男たちがほうってはおきません。
多くの若者たちがおじいさんの家にやって来ては、
かぐや姫をお嫁さんにしたいと言いました。
そしてその多くの若者たちの中でも特に熱心だったのが、
次の五人の王子たちです。

彼らは名前を、石作皇子(いしつくりのみこ)。
車持皇子(くらもちのみこ)。
阿部御主人(あべのみうし)。
大伴御行(おおとものみゆき)。
石上麻呂(いそのかみのまろ)。と、言いました。
みんな身分がとても高く、そしてお金持ちです。

「誰も、婿どのとしては申し分ないのだが」選びかねたおじいさんは、
かぐや姫に相談をしました。
「五人のお方は、みな、それぞれに立派なお方たちじゃ。
お前は、どのお方がいいのかね?」
するとかぐや姫は、こう答えました。
「今からわたくしの言う、世にもめずらしい宝物を探して
持って来たお方のところへ、お嫁に行きたいと思います。
その宝物とは・・・」

話を聞いたおじいさんは、五人の王子たちに
かぐや姫の言葉を伝えました。
「かぐやは、こう申しております。

石作皇子(いしつくりのみこ)どのには、天竺(てんじく)(インド)にある
仏の御石の鉢(ほとけのみいしのはち)(おしゃかさまが使ったうつわ)を。

車持皇子(くらもちのみこ)どのには、東の海の蓬莱山
(ほうらいさん)にある玉の枝(たまのえだ) 根っこが銀、くきが金、
実が真珠で出来ている木の枝を。

阿部御主人(あべのみうし)どのには、もろこし(中国の事)にある
火ネズミの裘(ひねずみのかわごろも) 火ネズミと呼ばれる伝説の
ネズミの皮で作った燃えない布を。

大伴御行(おおとものみゆき)どのには、(竜の持っている玉)を。

石上麻呂(いそのかみのまろ)どのには、つばめが生むという
子安貝(こやすがい)タカラ貝と呼ばれるきれいな貝を。

「それぞれ、お持ちいただきたいと」それを聞いた五人の王子たちは、
思わず目を見張りました。
「何という、難しい注文だ」「どれも、簡単に手に入る品物ではないぞ」
しかしそれらの宝物を持って行かないと、
かぐや姫をお嫁にする事が出来ません。
そこで五人の王子たちは、それらの宝物を探すために
帰って行きました。

まずは石作皇子(いしつくりのみこ)が、天竺に行って
仏の御石の鉢を手に入れる事は無理だと思い、
大和の国(やまとのくに)(奈良県)の山寺で手に入れた古い鉢を
きれいにかざって、かぐや姫のところへ持って行きました。
「天竺へ行って、(仏の御石の鉢)を手に入れました」
石作皇子(いしつくりのみこ)が偽物の鉢を差し出すと、
かぐや姫は布でその鉢をみがいて、
「仏の御石の鉢は、みがけばみがくほど光り輝く鉢です。
これは、(仏の御石の鉢)ではありません」と、
偽物である事を見破りました。

車持皇子(くらもちのみこ)も蓬莱山(ほうらいさん)には行かず、
たくさんの腕の良い職人を集めて見事な玉の枝を作らせました。
そしていかにも、蓬莱山から帰って来たと見せかけて、
「苦労しましたが、蓬莱山から(玉の枝)を持ち帰りました」と、
言ったのです。偽物ですが見事な出来ばえに、
かぐや姫も言葉をなくして見つめていると、
そこへたくさんの男たちが現れました。
彼らは、この玉の枝を作った職人たちです。
「車持の皇子どの。(玉の枝)をお作りしたお金を、
早く払ってください」
「こ、これ! こんなところで何を言う」
玉の枝が偽物だとばれた車持皇子(くらもちのみこ)は、
はずかしそうにかぐや姫の家から逃げて行きました。

阿部御主人(あべのみうし)も、もろこしには行かずに、
もろこしからやって来た商人から高いお金で
(火ネズミの裘)(かわごろも)を買いました。
「もろこし中を探し回って、やっと手に入れる事が出来ました」
するとかぐや姫は、一目見て言いました。
「見事なかわごろもですが、本物なら火に入れても
燃えないはずですよ」
「はい。さっそく、火に入れてみましょう」
阿部御主人(あべのみうし)は自信たっぷりに火の中へ
(火ネズミの裘)を入れましたが、偽物の裘は簡単に
燃えてしまいました。
「もろこしの商人め、よくもわしをだましたな!」
阿部御主人(あべのみうし)は、怒りながら帰って行きました。

四番目の大伴御行(おおとものみゆき)は、
(竜の持っている玉)を手に入れようと
竜を探して航海に出ました。ところが、ものすごいあらしに出会って、
乗っている船が沈みそうになったのです。
王子は、嵐に向かって祈りました。「竜神さま。
どうか、お助けください。わたしがあなたの玉を欲しがるから、
あなたが怒って暴れておられるのなら、
もう二度と玉が欲しいなどと申しません。
どうかこの嵐を、おしずめください」するとすぐに嵐がやんで、
王子は何とか都へ帰る事が出来ました。
でも(竜の持っている玉)を手に入れる事が出来なかったので、
それっきりかぐや姫のところへは現れませんでした。

最後の石上麻呂(いそのかみのまろ)は、屋敷ののき先の
つばめの巣の中に光り輝く固まりがあるのを見つけると、
さっそくやぐらを組ませて、やぐらの上からつるしたカゴに乗って
つばめの巣に手を入れました。
「あったぞ。つばめの(子安貝)があったぞ。
これでかぐや姫は、わしの妻だ」しかし、
あまりのうれしさにカゴをゆらしてしまったので、
カゴをつるしたひもがぷつんと切れてしまいました。
高いところから地面に落ちた王子は、腰の骨を折る大けがです。
しかも(子安貝)と思っていたのは、ただのつばめのふんだったのです。
石上麻呂(いそのかみのまろ)はがっかりして、
そのまま病気になってしまいました。

こうして五人の王子たちは、誰一人、かぐや姫
お嫁にする事は出来ませんでした。

次につづく

さて、この話しがついに、帝(みかど)(天皇)の耳にも届きました。
そしてかぐや姫の美しさに心を奪われた帝が、
かぐや姫を宮廷に迎えると言ったのです。
帝と言えば、この日本で一番偉いお方です。
おじいさんとおばあさんは大喜びですが、
かぐや姫は宮廷に行くのを断りました。

帝の力を持ってすれば無理矢理にでも
かぐや姫を宮廷に迎える事は可能でしたが、
帝はとても心優しいお方だったので、
無理にかぐや姫を迎えようとはせずに、
かぐや姫とは和歌を取り交わす関係となりました。

かぐや姫が帝と和歌を交わす関係になってから
三年の月日がたった頃、かぐや姫は月を見ては
涙を流すようになりました。
心配したおじいさんとおばあさんが、かぐや姫にたずねました。
「何がそんなに、悲しいのだね」「心配事でもあるなら、
わたしたちに話してごらん」

しかしかぐや姫は何も言わず、光の玉のような涙をはらはらと
流すばかりでした。
そんなある夜、かぐや姫はおじいさんとおばあさんに、
泣いているわけを話しました。
「お父さま、お母さま。実はわたくしは、
人間の世界の者ではありません。
わたくしは、あそこで光り輝く月の都の者です。
今度の十五夜に月の都から迎えが来るので、
わたくしは月の都に帰らなければなりません。
それが悲しくて、泣いているのです」

「なんと! ・・・しかし大丈夫。かぐや姫はわしらの大切な娘じゃ。
必ず守ってやるから」
そこでおじいさんとおばあさんは帝にお願いをして、
月の都から来る迎えを追い返す事にしたのです。
十五夜の夜、帝はかぐや姫を守るために、
二千人の軍勢を送りました。
二千人の軍勢は地上に千人、かぐや姫の屋敷の屋根に千人が並び、
弓や槍をかまえて月の都から来る迎えを待ちました。

やがて月が明るさを増し、空がま昼の様に明るくなりました。
すると雲に乗った月の都の迎えたちが、
ゆっくりとゆっくりとかぐや姫の屋敷へとやってきたのです。
「姫を守れ! あの者たちを追い返すのだ!」
二千人の軍勢たちは弓や槍で月の都の迎えを追い返そうとしましたが、
どうした事か軍勢の体が石の様に動かなくなってしまったのです。
中には力をふり絞って弓矢を放った者もいましたが、
弓矢は月の都の迎えに近づくと大きくそれてしまいます。
月の都の迎えは屋敷の上空でとまると、おじいさんにこう言いました。

「竹取りのおきなよ。姫を迎えに来ました。
さあ、姫をお渡しなさい」
おじいさんとおばあさんは、かぐや姫の手を力一杯にぎりしめましたが、
でもその手から力がすーっと抜けてしまいました。
かぐや姫は静かに庭に出ると、いつの間にか
美しい天女の羽衣を身にまとっていました。
「お父さま、お母さま、これでお別れでございます。
これからは月を見るたびに、わたくしの事を思い出してください。
そしてこれを、帝にお渡しください」
そう言ってかぐや姫は、おじいさんとおばあさんに
不老不死の薬と手紙を渡しました。

そしてかぐや姫は天女の羽衣で月の都のお迎えたちのところへ行くと、
そのままお迎えたちと一緒にゆっくりと夜空へのぼって行き、
月の光の中に消えてしまいました。

それから数日後、かぐや姫の手紙と不老不死の薬を受け取った帝は
手紙を読んでひどく悲しみ、何日も何日も何も食べませんでした。
やがて帝は、大臣たちを呼び寄せると、
かぐや姫が帰って行った、天に一番近い山は何か?」と、たずねました。

そこで大臣たちが調べると、もっとも天に近い山は
駿河の国(するがのくに)静岡県にある山だとわかりました。
「しかし、その山はあまりにも高く、なみの者が登れる山ではありません」
「そうか。では、士(つわもの)侍の事を集めて、これをその山の
山頂で焼いてほしい」
そう言って帝は、かぐや姫からの手紙と不老不死の薬を
壺に入れて大臣に渡しました。

「よろしいのですか?」たずねる大臣に、
帝はこんな歌で答えました。
会う事も出来ず、こぼれる涙に、浮かんでいる様な我が身に
不死の薬が、何になろうか かぐや姫を心から愛していた帝にとって、
かぐや姫に会えずに長生きをしても、意味のない事だと
歌っているのです。
「わかりました」大臣は帝から渡された壺を持つと、
大勢の士(つわもの)侍たちを連れて日本一高い山に登りました。

その事からその山は『士(つわものが富む)たくさんいる山』として、
『富士山』と名付けられたそうです。
そして大臣が富士山の山頂で焼いた不老不死の薬が煙となって、
かぐや姫のいる天へと昇っていきました。
その一部の煙が富士山にあった雪に降りかかり、
その雪が不死の雪(万年雪)となって、 
今でも富士山の頂上に残っていると言われています。

おしまい


星の金貨





誰にだってあるんだよ、人には言えない苦しみが。
誰にだってあるんだよ、人には言えない悲しみが。
ただ、黙っているだけなんだよ、
言えば、言い訳になるから……。


Mituo人の為 と
書いて、
いつわり(偽) と
読むんだねぇ 

  
 
 
 
時は絶えず流れ、 
  今、微笑む花も、明日には枯れる  



鬼が餅つきゃ、閻魔が捏ねる、
  そばで地蔵が食べたがる 
 




      P R
        カビの生えない・きれいなお風呂
        
        お風呂物語