読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

言葉の魔術師・言葉の達人

言葉の魔術師・言葉の達人

達人たちは1曲の詞を書くために、
言葉を巧みに操り、
その時代を象徴する言葉を探した。
その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、
その歌は大ヒットした。


「孤独がつらく感じるとき」
「愛することがよくわからなくなったとき」
いつも、勇気と力を与えてくれた…、
作詞家は言葉の魔術師である。
そんなプロの「作詞家」の皆さんを紹介します。


f:id:campbll:20150603094813j:plain


日本語そのものが本来もっている「美」を
巧みに表現しながら、これまでに
1000曲以上の作品を世に送り出し、
「とまり木」小林幸子
「ふりむけばヨコハマ」マルシアなどの
ヒット曲でお馴染みの

「たきのえいじ」
さんです。

代表作
「とまり木」小林幸子
「忍ぶ雨」伍代夏子
函館本線山川豊
「ふりむけばヨコハマ」マルシア
「冬桜」湯原昌幸

「東京発」堀内孝雄
「河」堀内孝雄
「北海岸」田川寿美  他多数



歌は心の走馬灯、
 歌は世につれ、世は歌につれ、
  人生、絵模様、万華鏡…


湯原昌幸 冬桜
作詞:たきのえいじ・作曲:杉本眞人


一度だけの人生と
誰もが口にするけれど
悔やんじゃいない この生き方を
急がば回れの夢がある

桜 桜 冬桜
春に背いて咲くがいい
桜 桜 冬桜
歩いた道を 恥じるなと
ただひそやかに 心にそっと
ふり注ぐ


湯原 昌幸(本名・桜井 昌幸 )は、茨城県出身の歌手、
俳優、レポーター、パネラーなどをこなすマルチタレント。
妻は、タレントで女優の荒木由美子



作詞論
 
一番大切なのは美意識。その次 体力。
 書く対象のハードルを下げないで、
 いつも上をねらう姿勢をもっていること。
 花鳥風月や、人の往来を単に写生するのでなく、
 人の心の根っこにあるものをさぐり、
 言葉という種を選び、原稿に植える。
 いさぎよく、しなやかに…。



作詞家になったきっかけは?
 
ジャクソンファイブ、等の訳詞。


プロ、初作品について
 つばさがあれば (フィンガー5 ‘74年)


作品を提供したいアーティスト
 五木ひろし坂本冬美
 天童よしみ香西かおり


あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
 
雪ふりやまず (城之内早苗)
 酒挽歌 (小林旭)


なぜ「詩を書くことを選んだか」
 
日本語は、それそのものが物語を成している。
 その単語、言葉という静止画像を理論だてて
 組み立てていけば、文字で描くところの動画となる。
 この作業が好きだ。


プロの作詞家になりたい人へのアドバイス
 
詞を書くとは、川の中に、
 紙に書いた魚を泳がせるようなもの。
 その虚の世界を本当らしく映し出させる
 感性を磨いてください。


一口メモ
 心の糸 この曲は、‘95年の阪神淡路大震災
 エイドソングとして作ったもので、
 5人の歌手と、ソニー、ポリドール、ビクター、
 東芝EMI、各社の協力で完成し、
 売り上げ金の全てを、寄付させていただきました。
 音楽の力を改めて感じた一曲です。


私の好きなあのフレーズ
 「覚えててあなた 私がここにいることを
 忘れないであなた 歩いた道のほとり」


プロフィール 

 たきの えいじ(本名:滝野 英治)
 ‘49年愛媛県大洲市で生まれる。作詞・作曲家。
 劇団・早稲田小劇場・研究生を経て、
 音楽の道へ進む。
 子供番組やNHKのみんなの歌や、はぐれ刑事の
 主題歌等々と共に、1000曲以上、レコーディングし
 現在に至る。

 福祉活動を兼ねて、月に1回、横浜で
 平均年令80歳の方々30人と集まり、楽器の指導をしている。
 著作に「歌の河(二十五年目の作詞ノート)」
 
 日本音楽著作権協会JASRAC)理事 
 日本作詩家協会(JLA)理事



時は絶えず流れ、
今、微笑む花も、明日には枯れる




P R

カビの生えない・お風呂

お風呂物語

furo