読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

妄想物語

信じれば真実、疑えば妄想

時は絶えず流れ、
 今、微笑む花も、明日には枯れる

昨日という日は歴史、
今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー


Mousou2 日本最大の組織
(山口組)

創設100周年を迎えた
山口組。 
その知名度とは裏腹に
内情はあまり
知られていない。
  
 
 
その組織はいつどのように誕生し、
過去から現在までどのように膨張し、
巨大化してきたのか・・・
そしてなぜ今衰退傾向にあるのか・・・

今なお日本最大組織であり続ける
山口組とはどういう組織なのか。…



『三代目弘道会々長・竹内照明 若頭補佐就任』

ついにと言うかやっぱりと言うか三代目弘道会々長の
竹内照明が若頭補佐に就いた。
過去に当代の出身団体が、ここまでガッチリと
ラインを固めた事はない。
三代目田岡一雄組長は別として、すでに広域組織となっていた
四代目発足時は組長に就任した竹中正久は、
竹中組を実弟の竹中武に譲り直参組織としていたが、
山口組本家の執行部には入れていない。
竹中武はヒラの若中だった。

当時の本家若頭中山勝正ら執行部が、正久のもう一人の実弟で
竹中組相談役の竹中正を竹中正組として本家直参に
引き上げようと提案した事もあったようだが、竹中正久組長は
竹中組優遇に難色を示したと言われている。
それでもこの話は実現しかけていたが、竹中正久組長の暗殺、
竹中正自身のハワイでの逮捕、竹中武の逮捕などもあり
実現はしなかった。

短命に終わった竹中正久の四代目時代は山一抗争そのものであり、
当代の影響力はほぼない。
当代を出した竹中組は抗争において独自に大きな戦果を
上げる事で山口組内でその存在感を増した。
そして竹中武が文句なしで若頭補佐に就任したのは、
山一抗争終結間際の平成元年だった。

五代目渡辺芳則組長の時はどうだったのか。
先代の竹中正久組長を出した竹中組は、五代目発足と同時に
山口組を離脱しており竹中色を残さない新たなスタートだった。
渡辺は本家の組長に就任すると同時に二代目山健組を手放し、
桑田兼吉を跡目に三代目山健組を本家直参とし若頭補佐に就けた。
この時の若頭は渡辺の五代目就任に貢献した
宅見組々長・宅見勝が就いている。

そして渡辺は二代目山健組の主立つ幹部らを本家の
直参に引き上げた。
浅川一家、松下組、盛力会、健心会、中野会、鈴秀組、
松本組などがそうである。
なかでも中野会は数の上でも急膨張し若頭補佐に就任し
執行部入りした。
当代を出した事で三代目山健組、中野会を中心とする山健組系が
全国的に幅を利かし、大きな顔で無理をゴリ押しした時代だった。

1997年に中野会により若頭の宅見勝が暗殺された後、
長らく若頭の席は空席となった。
渡辺の五代目体制そのものが宅見に大きく依存して
成り立ってきた体制であり、次の若頭を決めるにあたって
渡辺が独断できる状況ではなかったようである。
山健組系の末端が大きな顔をしていたのとは裏腹に
本家の奥の院での渡辺は、実権のない飾り物のような扱いだった。

以上のように四代目時代、五代目時代とそれぞれ
本家の当代を出した組織は、その時代において
勢力を持っていたが、そのまま出身組織自体が
当代を引き継いでいくラインが確立されていなかった。

また、同じ組織の出身者が連続して代を取るのもどうかという
風潮もあった。
当代の出身組織が若頭を務めたのも六代目体制が初めてである。

そして今回の六代目体制では、今までにない初めての試みが
行われようとしている。
竹内が若頭補佐に就いた事でいよいよ最終段階を迎え、
六代目体制十年にして弘道会こそが山口組の中心だという
体制が整ってきた。そしてこの先の山口組は、
本家の代を取るのは弘道会から。という体制になるのかもしれない。
この事が良い事なのか悪い事なのか、
それはそれぞれの立場によるだろう。



『神戸山口組は6000人余 3番目の勢力に

国内最大の暴力団、山口組が分裂したあと、離脱した
組長で結成された神戸山口組は、所属する組員などが
6000人余りと、全国の暴力団で3番目の勢力に
なっていることが警察庁の調べで分かりました。
指定暴力団、山口組を巡っては、去年8月、関西を中心とする
傘下の一部の団体の組長が離脱し、兵庫県淡路市を拠点とする
戸山口組を新たに結成しました。

警察庁は、それぞれの組織の実態解明を進めていて、
25日に勢力を初めて公表しました。
いずれも去年12月末の時点で、山口組は組員と準構成員などを
合わせて44の都道府県で1万4100人と、前の年より
9300人少なくなりました。
その一方、神戸山口組は36の都道府県で6100人と、
山口組、東京を拠点とする住吉会に次いで、全国の暴力団
3番目の勢力になっています。

警察庁によりますと、これまで対立抗争は確認されていませんが、
互いに切り崩しを活発に行い、各地で事件やトラブルが
相次いでいるということです。23日には、福井県で、
戸山口組系の暴力団事務所に発砲したとして、山口組系の
暴力団員が逮捕される事件が起きています。
全国の警察は、対立抗争に発展するおそれがあるとして、
警戒を強化するとともに、暴力団対策法の規制を外れた
戸山口組を改めて指定するための作業を急いでいます。

「分裂後、取締りを強化していて、2つの団体を合わせた組員などの
数の勢力は、1年前と比較しておよそ3200人の大幅な減少に
なっている」と述べました。

『分裂の背景に上納金や組織運営

山口組を巡っては、去年8月に、関西を中心とする傘下の
13人の組長が離脱して、新たに神戸山口組を立ち上げました。
分裂の背景について、警察は人事や上納金を巡る問題など、
山口組の今の組長の出身母体、弘道会を中心とした
組織運営に対する不満があったとみています。
警察庁によりますと、山口組には分裂前、組織の運営に関わる
「直参(じきさん)」と呼ばれる幹部が73人いましたが、
現在は56人になりました。

一方、神戸山口組は、分裂当初の13人より増えて
22人になったということです。
山口組と神戸山口組は互いに組員の引き抜きを激しく行っていて、
このうち神戸山口組では、過去に山口組から処分を受けた人を
復帰させるなどして、勢力の拡大を図っているということです。
そして、去年の年末までに新たにおよそ280人が山口組から
戸山口組に移ったとみられるということです。

一方、警察は取締りを強化していて、去年9月以降、24日までに
双方の暴力団事務所などのべ158か所を捜索し、
210人を逮捕しています。、

Author :溝口敦:賢者の知恵



『思秋期/一青窈




人の為(ため)と書いていつわり(偽)と読むんだねぇ
誰にだってあるんだよ、人には言えない苦しみが。
誰にだってあるんだよ、人には言えない悲しみが。
ただ、黙っているだけなんだよ、言えば、……