読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

妄想劇場・番外編(18禁)

妄想劇場・番外編(18禁)

信じれば真実、疑えば妄想……


f:id:campbll:20150526121810j:plain
 
18歳未満禁止の内容が
含まれています
18歳未満の方は
ご遠慮下さい。 
 

  
 
 
メジャーでは無いけど、
こんな小説あっても、良いかな !!
アングラ小説です、不快感がある方は、
読むのを中断して下さい。


これほど惚れた素振りをしても、ほんとに悟りの悪い人


名古屋の総合病院の一人娘、恭子、
見合いを控えて東京へグレードアップの修行に。

『名古屋から来た女』(3)

「恭子さん、何かスポーツをやってますか?」
オルガスムスが収まって、吾郎は恭子に腕枕をしながら、
聞いてみた。
「私、あまりスポーツが得意じゃないので、太極拳を少し。
アメリカに留学していたときに、チャイニーズの先生に習いました」

「膣の握力が素晴らしいんです」
「多分、骨盤底筋が強いんだと思います。
私、これでも医者なんですのよ。城北大の医学部を出ました」
「なぁんだ、僕も城北大です。法学部ですけど」
「まあ、奇遇ですね。どうぞよろしく」
「同窓生って、変なんですよね。初めて会っても、
懐かしい気がして」

「父が名古屋で病院をやってまして、私は一人娘なので、
いづれは病院を継ぐものと育てられました。
今度のことも、私勉強ばかりしてきて、男の方との
付き合ったことが無いんで、インスタントの花嫁修業なんです。

名古屋に帰ると、お見合いの話が待っていて、
それに失敗しないようにって、東京で修行をすることにしたんです」
「貴女と結婚する人は、幸せですよ。
貴女の○○は、素晴らしい。日本一の○○です。
証明書を書いてあげてもいいくらい」
「本当にそうなんですか?少し、自信が出て来ました」
「後は、見た目も大事ですから、お見合いに成功をするよう、
この1週間の間に特訓をします。僕の知り合いに
頼みますがいいですか?」

吾郎は、ケイタイを開いた。
「もしもし、珠美? 一寸お願いがあるんだけれど。
今週、時間あるかな?」
「明日なら空いているけれど、デートのお誘い?」
「それは来週にして欲しいんだけれど、
明日の10時半にブランチしながら相談したい。?
グランド・ビューホテルのロビーで待ってる」

「今の人は、外資系の会社に勤めていて、
おしゃれには抜群のセンスを持っているから、
頭のてっぺんから足先まで、面倒を見てもらうといいよ。
そういえば、彼女は城北大の後輩だから、
恭子さんにも同窓生になるな」

翌日、恭子を珠美に紹介をした。
「兎に角、お化粧から髪型、着る物、履く物一切を
男が目を見張るようにしてくれないか」
名古屋の知人の娘さんで、お見合いを控えての
準備を頼まれたんだと説明をすると、
珠美は、小うるさい質問もせずに、引き受けてくれた。
大学の先輩ということで、親しみもわいたようだ。

吾郎は、毎晩ホテルに泊り込んで、恭子と○○を共にした。
男性との経験はなかったが、○○の○○には慣れていたので、
○○の充実は早かった。

2日目には、吾郎が普通に腰を使っても、問題はなかった。
3日目には、○○声を漏らした。
4日目には、吾郎の腰に合わせて、○○を打つようになった。
5日目に、吾郎が安全日が終わりそうだと○○出すと、
 恭子は、毎日射精をしているから、精子がどんどん薄くなって、
 妊娠の心配は無いと言った。一度○○すると、
 完全に復活するのに1週間は掛かるという。さすがに医者だ。
 もちろん吾郎に異存は無く、この夜も○○は
 使わないことになった。

6日目、さすがに吾郎も疲労が出てきた。○○具合が、
頼りない。
恭子の○○もすっかり板についてきた。
吾郎は、剥きだしになった目前の○○に、顔を寄せた。
○○を、口に含んで吸った。○○絡め、
○○に沿って○○まで、○○下ろす。
恭子は、腰を○○、激しく○○を上げた。
吾郎の抱きかかえている両腿が激しく揺れて、○○なった。

7日目、いよいよ名古屋に帰る最後の日となった。
ホテルのレストランに珠美も呼んで、一緒にランチを取った。
髪型から、化粧、ドレス、靴まで、
珠美にコーディネートして貰った恭子は、
見違えるほどに洗練されて、近くの席の男性が、
チラチラと目を注ぐほどになっていた。

「いやあ、さすがに珠美ちゃん、有難う。凄いねえ。
恭子さん、まるで映画のニューフェースだねえ」
「下地がいいから、見栄えがするわ。私も楽しかった」
食事が済むと、珠美には来週連絡すると言って分かれた。

恭子を連れて、吾郎は部屋に入った。
恭子の肩を抱いて○○吸う。 最初の夜が思い出される。
「一緒に入ろう」 吾郎に促されて、恭子は○○なると、
吾郎に続いてシャワールームに入った。
飛沫を浴びながら、胸を○○合わせる。
○○は、いきり○○、恭子の○○探っている。
吾郎は、恭子の○○に指を伸ばした。
流れ落ちる湯で、○○を洗う。
恭子は、五郎の○○を掴んで、○○を指先で擦っている。
「吾郎さん、もう駄目」 恭子が、腰を落として、吾郎に
しがみついた。

すっかり板に付いた○○のM型姿勢で、恭子は、吾郎を待った。
(いよいよ、最後になったか) 吾郎は、身体を下にずらして、
唇を○○合わせた。口をいっぱいに開いて、
○○から ○○までを一気に吸い込む。
吾郎は、身体を起こすと、恭子に被さった。
「恭子さん、愛してる」 耳元に囁きかけ、
○○は、何の抵抗も無く、○○まで嵌った。

吾郎が腰を送ると、すかさず恭子が○○迎える。
突き込んでは、引き戻し、○○で○○を繰り返し、
再び突き込む。
突き込んでは、○○の字を描いて、○○。
「吾郎さん、私、死にそう」
「恭子さん、まだまだこれから好いことが沢山待っているよ」
「私と結婚してぇ」
「・・・・・」
「い○○う」

恭子からメールが入った。
吾郎様 本当に有難うございました。
お陰さまで、お見合いは大成功、先方から直ぐにでも
お式をと言ってきています。
私困っています。確か、最後の日に、吾郎さんに
結婚してくれとお願いしたはずなのに、
未だご返事を聞いておりません。
あれは、夢だったのでしょうか?
あの一週間の出来事は、全てが夢のようです。

もし夢で無いなら、そして吾郎さんが私と結婚していただけるなら、
もう病院などどうなってもいい、吾郎さんのお傍においてください。
ご返事をお待ちしています。
恭子

恭子様 メールを有難う。
恭子さんと過ごした1週間は、僕にとっても
一生忘れることの出来ない日々です。
夢は、夢。覚めてしまうと世の雑音に汚されてしまいます。
恭子さんも、夢を大事に、お見合いの方とお幸せに。
貴女は、素晴らしい花嫁になります。
もし何か問題がありましたら、可愛い後輩のことゆえ、
何なりと相談に乗ります。いつでもお出掛けください。
お元気で 吾郎

(ごきげんよう)

Author :ぺぺ
http://syosetu.net/



『夢の途中/photo.by『綾瀬はるか




Tinko_2
人の為(ため)と
書いて
いつわり(偽)と
読むんだねぇ 

 
  

子を持つも持たぬも人の宿命(さだめ)なり
日に日に努めて行かむ
あなたの人生なんだから好きなように
お行きなさい(生きなさい)



入れてもらえば気持ちは良いが、
  どこか気兼ねなもらい風呂




P R
    カビの生えない・きれいなお風呂

    お風呂物語

Furo611