読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

妄想劇場一樂編

妄想劇場一樂編

信じれば真実、疑えば妄想……

奇談「ミステリー列伝」
歴史の闇に葬られた迷宮入り怪事件


メディアが即報道規制し闇に葬られた事件
プチエンジェル事件」


Puti


プチエンジェルとは犯人の29歳の男性は
無店舗型の非合法の未成年者デートクラブ
プチエンジェル」を経営。
女子高生数人をスカウトとして雇い、
渋谷や新宿で「カラオケ5,000円、
下着提供10,000円、裸体撮影10,000円」などと書かれた
チラシを配ってローティーンの少女を勧誘し、
男性客に斡旋、
その他わいせつビデオの販売も合わせて
多額の利益を得ていた。
また本人も過去に買春で逮捕歴があり
執行猶予中だった。


プチエンジェル事件の概略

2003年7月上旬、少女のうちの1人が渋谷で勧誘され、
「会ってくれたお礼」として犯人から金をもらう。
犯人からは「いつでもおいで」と言われており、
以降も携帯電話で連絡を取っていた。

11日、犯人はフェラーリ2台を売却する。
11日、犯人とは別の男性が赤坂の短期賃貸型マンションの
 部屋を契約する。部屋は最上階11階の2LDKで、
 費用は犯人が払った。
12日、犯人は都内の量販店でポリタンクや鉄アレイを購入。
 この際に練炭や七輪も購入したとみられている。
 13日、少女4人は犯人から「部屋を
 1万円で掃除してほしい」と誘われ、
 渋谷駅前で待ち合わせて、タクシーで赤坂のマンションに
 連れて行かれる。
 マンションで掃除を始めると「ここに来た意味わかるよね」と
 犯人の態度が豹変、手錠と目隠しをされて監禁された。
 2人が逃げようとするが失敗、
 手錠にポリタンクや鉄アレイを付けられて
 逃げられないようにされ、スタンガンで脅された。
13日深夜 家族から警察に捜索願いが出される。
16日 マスコミで少女が行方不明になったと報道される。
16日 警視庁は犯人の逮捕状を2002年3月に
 中学2年の少女を買春した容疑で請求。
 捜査員が犯人の住所付近で聞き込みを始める。
16日9時頃 犯人はリビングでビニールをテント状にして
 中に入り、七輪で練炭自殺を図り死亡した。
17日 物音が聞こえなくなったのを見計らい、
 少女の1人が手錠をはずして脱出、
  隣室の花屋に助けを求める。
 駆けつけた警察官が4人を保護、
 犯人の死亡を確認。
事件を受けて翌日には渋谷で一斉補導が行われ、
少年少女1,500人以上が補導された。


疑問点

2003年に恐ろしい事件が起きた。
だけどあまり記憶には無いと言う方も沢山居るでしょう・・・。
首を突っ込めば「消される」と有名「プチエンジェル事件」
闇に葬らなければ行けないほどの圧力が掛かったのか・・・?
少なくても知り得る情報のどこまでが真実なのか
解らない事だけは確かです。
・裁判官・弁護士・政治家・医者等の名士2000人以上が
顧客の高級ロリータ売春クラブ ・
加害者がロリータ売春で儲けた金は35億円。

だが警察は単独犯と決め付け ・
ビニールを被っての練炭自殺
(ビニールが溶けて自殺不可能)という
ありえない自殺方法だが 警察は自殺と断定 ・

加害者が死ぬ前になぜかフェラーリ2台を売却 ・
加害者の父も兄も自殺している ・
国会や大使館がある赤坂で起こった事件なのに
渋谷で起こった事件と報道された

毎日のように報道されていた事件だが、
ある時を境に急にマスコミが事件を報道しなくなる  
それ以来大手マスコミでこの事件に触れることはタブーに ・
この事件を追っていたフリーライター染谷悟
殺され東京湾に浮かぶ
それ以来フリーライターもこの事件には手を出さず、
真相は闇の中に ・被害者の少女達の所在は不明で、
口封じのためすでに殺されているという噂もある ・

ウィキペディアでこの事件の項目は
何度も完全削除された(今現在の時点では存在する)
吉里容疑者の自殺よりも前に
彼の父(元朝日新聞西部本社社会部長。
警視庁キャップの経歴もある)も自殺している。
理由は更迭が原因だったと言われている。
また彼の兄も自殺しているが原因不明。

プチエンジェルと政治家

2003年7月12日頃、ザ・イトヤマタワー18階の自宅で、
暴力団組長から紹介された16歳の少女に
15万円の現金を渡して買春、
このことが警察に露見し元暴力団組長ら3人が
児童福祉法違反で逮捕された。
しかし買春相手が18歳未満だとは知らされなかったとして、
児童福祉法違反に問われることはなかった。

このとき、事件もみ消しに暗躍したのが、
五代目山口組若頭補佐(当時)だった後藤忠政
後藤組組長であり、後に謝礼として慰労金を渡したと
報道された。


関連 染谷悟刺殺事件

2003年9月この事件の取材活動を続けていた
フリーライター染谷悟東京湾で刺殺体となって
発見された。
周辺でトラブル相次ぐ 生活実態や交友関係捜査
東京都江東区東京港で12日、フリージャーナリスト

染谷悟さん(38)が刺殺体で見つかった事件で、
染谷さんは約1年前から、自宅のベランダや窓を壊されたり、
空き巣の被害に遭うなどしていたことが14日、
警視庁東京水上署捜査本部の調べで分かった。
捜査本部は、染谷さんの周辺で相次いだトラブルで
事件につながるようなものがなかったか、
普段の生活実態や交友関係を捜査している。

調べでは、染谷さんは昨年9月、当時住んでいた
豊島区のアパートで空き巣被害に遭い、
カメラやレンズ、パソコンなど77点を盗まれた。
今年1月には、ベランダのフェンスが壊される
被害に遭ったほか、
4月にも、玄関のドアが開かないようドアのすき間に
物を詰められたり、窓が割られるなどの
嫌がらせが相次いだ。 ・
東京都江東区東京港で殺害されているのが見つかった
染谷悟さん(38)は「柏原蔵書(かしわばら・くらがき)」の名前で
活動するフリージャーナリストで、
最近になって「中国人に命を狙われている。
殺されるかもしれない」と周囲に漏らしていたことが12日、
関係者の話で分かった。

……

Mituo 
時は絶えず流れ、
今、微笑む花も、
明日には枯れる

 
 
 

昨日という日は歴史、
今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー
 

 

 

P R
     カビの生えない・きれいなお風呂
   
  お風呂物語

 

f:id:campbll:20151212013933j:plain