読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

妄想劇場一樂編

妄想劇場一樂編

信じれば真実、疑えば妄想……

世界の奇談「世界ミステリー列伝」
~暗殺編~
歴史の闇に葬られた迷宮入り怪事件



ジョン・レノン暗殺事件」

1980年12月8日、ニューヨークの超高級アパート、
ダコタ・ハウス前にリムジンが停まりジョン・レノンが降りてきた。
後ろで「ミスター・レノン」と声がする。
振り向くと一人の青年がジョンに5発発射し4発が命中。
ジョンはほぼ即死だった。
この時、ダコタハウスに入居していた大物女優
ローレンバコールが銃声をきいていたとかいないとか…
犯人はマーク・チャップマンと言う25歳の男性で、
犯行の後ピストルを路上に投げ捨てその場に座り込み
平然として本を読んでいたと言う。
手にはジョンのアルバム「ダブル・ファンタジー」
そして問題のサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」…

 

Chapman_3


当時ハワイ州ホノルルに在住していたチャップマンは、
1980年12月8日の夜、ニューヨークの
セントラル・パーク西側の72番通りにある
レノンの自宅であるダコタ・ハウスの前に
到着した彼を射殺し、その場で逮捕された。
ジョン・レノンの妻オノ・ヨーコの請願などを受け
収監期間が延長されている。
2014年8月に8度目となる仮釈放申請が
不許可にされたので釈放は早くとも
2016年となる。


マーク・チャップマンの動機とは?

当初犯行の動機はマスコミが一斉に「熱烈なファンで
独り占めしたかった」などと報じた。
しかし彼の自宅などを調べてみると、レノンの写真や
レコードなどは1枚もなく、彼自身も有名になりたくて
誰でも良かったと供辻している。
ちなみにマークチャップマンはジョンとは違うタイプの
ロック歌手トッド・ラングレンのファンだったそうです。

暗殺の陰にCIAのマインドコントロールか?

1989年イギリスで「誰がジョンレノンを殺したか」という
ショッキングな本が出た。
事件当時、記者としてアメリカに派遣されていた
ブレスラーは、ジョン暗殺事件が十分に
解明されなかった事に不満を抱いて
自ら徹底調査。その結果、マークはCIAから
マインドコントロールされジョンを暗殺したのだという、
驚くべき仮説に到達したのだ。

ジョンを暗殺したマークチャップマンは、YMCA
(キリスト教青年会)の熱心な信者であり、
中でも優秀だった。そこで、優秀な信者である
マークチャップマンが選ばれ、CIAが研究した
マインドコントロール方法・催眠などで、
マークチャップマンに「ライ麦畑でつかまえて」の
内容をキーポイントにして誘導し、
ジョンレノンは罪深き奴だと
チャップマンの意識にすりこみ、射殺させたわけです。
YMCA はCIAの秘密活動の隠れみのだったと
ブレスラーは主張してます

反体制のカリスマ、

ジョンレノン。FBIの監視下に…
レノンは反戦活動家であり、税制を批判し、
反政府主義者と認定されていた。
体制の腐敗を批判した曲
『ワーキング・クラス・ヒーロー』の発表以来、
「反体制」のビートルズは米国の敵と見なされた。
レノンは暗殺される直前、不公平な世界を
愛によって終わらせるために、大規模な
平和運動を展開しようとしていた。

調査したブレスラーによると、イルミナティ
J・エドガー・フーバー(当時のFBI長官)を動かし、
レノンをターゲットにしたのだという。
1971年12月デトロイト郊外で1万5千人の若者が
集まった会場で特別ゲストのジョンは
「我々がしようとしているのは、音楽と政治活動を結びつけ
国中に革命を起こすことです」とベトナム戦争反対の
スピーチを行った。
この台詞はアメリカ政府への宣戦布告のようなもの。

ジョンは72年初めから自分がつねに監視され、
町を歩けば尾行されるし、電話には
盗聴器がしかけられていることを知っていた。
左翼の友人クラスナ―にこんな不気味なことを言っている。
「ヨーコと僕に何か起きたら、それは事故ではないからね」と

運命の日…

1980年12月8日彼がダコタ・ハウスの前で待っていると
ジョンが出てきた。
マークはジョンに近づき手にしたレコードにサインを求めた。
その場にいたアマチュアカメラマンが
偶然にもその光景を写している。
「用事はそれだけかい?」サインを受け取って
礼を言うマークに、なぜかジョンはこう尋ねたという。
偶然にもその日、
レノンはラジオのインタビューで死について語っている。




ほとんどの人が目にすることのない珍しい写真25選




マリリン・モンロー暗殺疑惑事件」

伝記は100冊以上、映画史上これほど人々に
惜しまれたスターはいない
1962年8月5日の朝自宅のベッドの上で
受話器を握ったまま死亡しているマリリンモンローが
発見された。
検死を行ったトーマス野口氏はマリリンモンローの死因は
睡眠薬の過度の服用による急性中毒死と判断し、
彼女は自殺したと報道された。
しかし、睡眠薬を大量服用したのに胃からは
薬物の痕跡がなかった。

Monnro


自殺のはずがない!

検視報告によると試飲はバルビタール
飲み過ぎたための急性中毒で
血液から4.5ミリグラムパーセント、
肝臓から13ミリグラムパーセントの
バルビタ―ルがでてきたという。
自殺調査グループは、もし服用して死んだと言うなら
彼女は47錠のバルビタールを数秒間で
ひと飲みせねばならなかったと述べ、
バルビタール飲み過ぎによる特有の引きつけもなく
行儀よく横たわっていた。

つまりマリリンは、バルビタールを飲んだのではなく、
別の手段で身体に入れたということになる。
考えられるのが注射であるが、
注射器などは部屋からは発見されていない。
遺体にも注射の跡はなかった。
また、この他にも自殺にしては不審な点が多くある。
遺書が見つからなかったこと、
寝る前には必ずカーテンを閉めて
寝る習慣があったのに、その日に限って
カーテンが開いていたこと、
裸で寝ることなどなかったマリリンが
裸で横たわっていたこと、
彼女の電話の通信記録が失われていること、
日記の代わりに使っていた赤い手帳が
なくなっていたこと…など

運命的なケネディ大統領との出会い


1958年に初めてケネディに会った時、モンロー32歳。
グラマラスな魅力が輝くばかりだった。
ケネディの弟パットの夫である俳優ピーター・ロ―フォードが
ロスのサンタモニカ海岸で初めてモンローに引き合わせた。
このときから熱い関係がはじまった。
モンローは真剣だったがケネディにとっては
ただの刺激剤にしかすぎなかった。
しかしだんだんとシークレットサービスやFBIに怪しまれ
モンローのケネディに対する態度もストーカー的になり
二人は別れます

しかしながらモンローは、その関係が終焉を迎えた直後の
1962年5月19日に、ニューヨーク市
マディソン・スクエア・ガーデンで行われた
ケネディの45歳の誕生日パーティーに、
体の線が露わになったドレス姿で赴き、
『ハッピーバースデートゥーユー』を歌い、
「いつ引退しても悔いはない」とケネディに言わしめた

>この大統領の危険な火遊びの消し役に登場するのが
ジョン・F・・ケネディ大統領の弟であり司法長官を務めていた
ロバート・ケネディ である。
だが、ロバートはモンローの心の葛藤を聴いているうちに
今度は自身がモンローと深い関係となつた。…

「知りすぎた女」がまっていたもの

1991年米マフィアの故サム・ジアンカーナの弟のチャックと
息子サムが書いた「ダブル・クロス」が発売され
世界を衝撃の渦にまきこんだ。
同書によればモンローはCIAの依頼でジアンカーナの手下に
殺されたというのだ。
2人の政界の大物の愛人となっモンローは、
政界内部のトップシークレットを色々と知ることとなり、
危険な女となっていた。
CIAや政界の者にとっては非常に脅威を感じる女となっていた。

死の1ヶ月くらい前)からケネディ兄弟と不仲になり、
「何もかもバラす」と脅しをかけ始めた。
「何もかも」に、政界の情報も含まれていたとすれば、
それはCIAにとってもケネディにとっても
非常にまずいことになる。
CIAは、彼女を始末することに決めた。

薄れる自殺説…

モンローが遺体で発見されたとき、手には
受話器が握られていたものの、
FBIが押収したモンローが死亡した前日と死亡した夜の
電話の通話記録には電話局からは同時刻の通話記録はなく、
部屋からは彼女の日記(赤い手帳)が消えていた。
そのため電話の通話記録の改ざん・隠蔽を行うことができる
政治力の持ち主がモンローの死に関わっていたとする
主張がある
(赤い手帳はモンローが常に会話の内容を
メモしていたのである)…

Author: 庄司浅水



Mituo 
時は絶えず流れ、
今、微笑む花も、
明日には枯れる

 
 
 
 
昨日という日は歴史、
今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー

 


P R
    カビの生えない・きれいなお風呂
   
    お風呂物語

Furo611_2