読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

チャンネル・掲示板

チャンネル・掲示板

幸せがつづいても、不幸になるとは言えない
 不幸がつづいても、幸せが来るとは限らない



Mousou2 昨日という日は
歴史、
今日という日は
プレゼント
明日という日は
ミステリー 

 
 
 
子を持つも持たぬも人の宿命(さだめ)なり 
日に日に努めて行かむ
あなたの人生なんだから好きなように
お行きなさい(生きなさい)




『お母さんの涙』


うちは親父が仕事の続かない人でいつも貧乏。
母さんは俺と兄貴のためにいっつも働いてた。
ヤクルトの配達や近所の工場とか、
土日もゆっくり休んでたっていう記憶は無い・・・
俺は中学・高校の頃はそんな自分の家庭が
嫌でしょうがなかった。
夜は遅くまで好き勝手遊んで、高校の頃は
学校さぼって朝起きないことも多かった。
んで、高校卒業してすぐの頃、仕事もしないで
遊んでて、当然金は無い。

そこでやっちゃった。盗み。詳しくは言えないけど、
まあ、空き巣だね。
ただ、小心者の俺はその日に自首したんだ。
良心が、とかじゃなくてびびっただけw
警察に俺を迎えに来た母さんはほんとに
悲しい顔してた。でも泣いてはなかった。
一緒に家庭裁判所行ったときも、
割と落ち着いてたね。

裁判所の帰りの電車で俺あやまったんだ。
ボソッと「ごめん。」て。そしたら、
「お母さんこそお前に申し訳ないよ。
ろくに小遣いもやれないで・・・
本当にお前がかわいそうで・・・すまなくって・・・」

俺、電車の中でぼろぼろ泣いた。
声出して泣いてたと思う。
何やってんだ俺。何やってんだ俺。って思って、
情けなくて申し訳なくて・・・
ここでも母さんは泣いてなかったな。
ただじっとうつむいてただけだった。

俺はその後必死になって勉強した。
昼はスーパーでバイトして、夕方からは受験勉強。
そして翌春に何とか大学に合格。
バイトは続けながら大学生活が始まった。
でも、母さんはなんとなく俺のことがまだ
心配なようだった。

母さんも相変わらず働きづめだから、
そんな生活の俺とはあんまり会話がなかったし、
家が貧乏なのに変わりは無かったしね。
だから俺、入学後も一生懸命勉強した。
自分の為っていうより、母さんを
安心させてやりたかった。

それで大学1年目の終わりに、
「母さん。ちょっと見せたいものがあるんだ。」
そう言って紙を一枚渡した。
大学の成績通知書。履修した科目が
全部『優』だったから(マジ)。
最初は通知書の見方がよくわかんなかったけど、
説明したら成績が良いのはわかったみたい。

母「へえ、すごいね・・・母さん科目の
名前みてもよくわかんないけど、
すごいんでしょ?これ。」
俺「すごいかどうかはわかんないけど・・・」
母「・・・すごいね。・・・偉いね。」
俺「だからさ・・・こんな物だけで偉そうに言うのも
あれだけど・・・
俺、もう大丈夫だから。母さんを裏切ったりしないから。」

そしたら、母さん泣き出しちゃった。もう号泣。
そこで気付いたんだけど、俺、
母さんが泣くのを見るの初めてだった。
きっと、何があっても子供には涙は見せないように
がんばってたんだと思う。
それを思ったら俺も泣き出しちゃったw 
母さんより泣いてたかもw
これから・・・親孝行しなきゃな・・・

Author:名無しさん




『ディズニーランドで迷子の園内放送がない理由 』




『ありがとう』

いつも自分はお母さんと喧嘩ばっかしてた。
いつもお母さんに頼って生きていた自分は、
目覚まし時計でおきれず、起こしてもらってるのだが、
時々、起こすのが遅い。そういうときも全部
「早くおこさねえのがわりいんだろ!!!」とか言ってた。
お母さんも反抗して「だったら自分でおきなさい!!」とか
言って喧嘩。

一回警察に呼ばれたときもお母さんに
すげえ怒られたし、
家に帰るのが遅いとわざわざ探して
友ダチがいるのに帰らせれるし、
ぶっちゃけ自分はそんな母親が大きらいだった。

ある日、ちょっと大きい喧嘩をした。
母「何であんたはおにいちゃんと違って
何も出来ないの!!!
もうちょっと子供らしくしなさい!!」
自「あんたのせいなんだよ!!!
兄ちゃんには、私立行かせるのに
ウチにはいかせてくれない、
いつも仕事でろくに授業参観にもこない!
いつも、ウチを保育園でヒトりぼっちにさせて、
母親ずらしてんじゃねえよ!
あたしはあんたの事母親だともう思ってねえよ!!!

この一言を聞いたとたん、いつもは
口うるさいお母さんが黙った。
言い過ぎたかなとは思ったけど、それはそれで
もういいと思った。
どうせ愛されてない子供に言われただけなんだから。
そう思った。
すごい勢いで自分の部屋にこもると、
少しお母さんのことがきになった。
ちょっと様子をみてみよう・・・
母親が泣いていた。
あんなに強い母が泣いていた。

そして独り言でこんなことを言っていた。
「私のせいだ」
目頭が熱くなった。
こんな母親みたことない。みたくない。
すぐに、部屋にまた戻った。

気分転換にTVでもみようか・・・
おもしろくない、そういえばまだ見てない
ビデオ録画したのあったな。
そうやって探すと母親の字で
自分の名前が書かれたビデオがあった。
なんだろうと思ってみてた。そこには、
幼い頃の自分が、

母親の腕の中で微笑んでいた。
ビデオの中のおかあさんはとてもやさしくて、
なんども自分をビデオに写して、
自分の名前を呼んでくれていた。
そしてビデオでこんなことをいっていた。
「大すきよ。

多分私の子だから何度も反抗するでしょう。
だけど、あなたは私の大好きな子よ。ずっとずっと」
何年間も流してない涙が自然と出てきた。
その日自分はお母さんに「ありがとう」といえた。

Author:名無しさん



 『ママ!この人靴が変だよ』




誰にだってあるんだよ、人には言えない苦しみが。
誰にだってあるんだよ、人には言えない悲しみが。
ただ、黙っているだけなんだよ、
言えば、愚痴になるから……



時は絶えず流れ、
 今、微笑む花も、明日には枯れる