読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

妄想劇場一樂編

妄想劇場一樂編

信じれば真実、疑えば妄想……


植物がささやく時 』 

あなたは植物に好かれているだろうか?
もしも植物にも人間と同じような感情があるとしたら
どうだろう?。
彼らは日頃からどういうことを感じて
生きているのだろう?
私たちは、普段から、何気なく植物に接っしている。
鉢に植えられたパンジーに水をやり、
適当に日光に当ててやり、
夜になれば部屋に入れてやる。
そうした私たちの行為に植物たちは
何か感謝とかしているのだろうか?

植物好きの人が草花を育てると、
大抵色艶もよく生き生きとしていて
香りも一際高いようである。
確かに、まめに水をやり世話にも
余念がないからとも言えるが、
そうしたものを越えて、
何かそれ以上のものを感じてしまう時がある。
そんな時、植物にも心や感情があり、
もしかしたら人間の気持ちが分かるのでは
ないかとも思えて来るのである。

朝起きて、鉢に植えられている花に近づく、
すると、植物たちは、水をもらえるものと思って
喜びの感情を露にする。
日の光の当たる所に鉢を置いてやると、
花たちはその可憐な花びらを一杯に広げて
感謝の気持ちを表現する。
逆に、水も与えられずろくに世話もされなければ、
花は重そうにたれて、
葉は艶がなくなってしおれて来る。
その様子は、無視されたばっかりに、
元気がなくなって意気消沈してしまったようにも見える。
もし、そういうことになれば、
植物はもはやあなたに好意を示さないだろう。
きっと、近づいても拒否のサインを示すはずだ。
そんな時、自分が植物に好かれているのか
嫌われているのかわかるというものである。

『植物はクラシック好き?』 

インドの植物学者だったシン博士は、
植物の細胞が一定の音量を流した時、
目覚めたように生き生きと活性化するという
事実を発見した。
さらに、博士は、楽器による演奏での実験も試みたが、
やはり結果は同じであった。
こうして博士は、調和のとれた一定の高さの
音を流すと、植物の成長を早め、
果実や種子の出来に良い結果を持たらすということを
確信したのである。
実際、畑や田んぼでインドの民族音楽
流してみたところ、何もしない時よりも
20~60パーセントもの多くの果実を
得ることが出来たのであった。

この理論をさらに発展させたのが、
アメリカのブローマン教授で、
彼は音楽の種類と植物の成長との間に
何らかの相関関係があるのではないかと考え、
もう一歩踏み込んだ研究を行った。
実験対象としてカボチャが選ばれ、
クラシックからフォークソング、カントリーウエスタン、
モダンジャズまで様々な音楽が試されることになった。  

まず、ベートーベンやハイドンと言ったクラシックは、
カボチャはつるをスピーカーにまで絡ませるほどの
気に入りようだった。
しかし、ロックとなると、植物は苦手と見えて
正反対の方向に逃げていった。
フォークソングやカントリーウエスタンなどの曲も
好きではないのか完全に無視してしまった。
しかし、モダンジャズは、好きと見えて
たちまちつるを絡ませて来たという興味深い話がある。

この実験の結果、音楽であればすべて良いのではなく、
植物はある種の音楽には見向きもしないばかりか、
逃げ出そうとさえすることが判明したのである。

現在では、果樹園などでスピーカーから音楽を流して、
植物の成長を促し、より多くの収穫を
期待するのが当然のことのようになっている。
品質のよい果実をたくさん得るには、
音楽は必要不可欠な存在なのである。
おかげで、多くの果樹園では、
誰も聞いていなくてもモーツァルトやベートーベンの
名曲が繰り返し流されている。

『植物の感情をさぐる』

しかし、植物は音楽に対して、物理的反応を
しているだけなのだろうか?
それとも、人間のように嗜好があって
好き嫌いと言った感情のもとで、曲に
反応しているのだろうか?

こうしたことを実験した人がいる。
ウソ発見機を扱う専門官養成所の所長だった
バクスターという人物である。
彼は、ある日、植物にも人間と同じような感情が
果たしてあるのだろうかと疑問に思ったのである。

今日、人間の体には微弱な電流が
流れていることが知られている。
そして、弱電流を流せば細胞の活性化を
促すこともわかっている。
そうした原理を応用してエステなどでは
皮膚の若返りの美容術が行われているようだ。

ところで、この生体電流は、
ある条件下では微妙に変化するのだ。
例えば、事実と違うことを故意にしゃべろうとしたり、
無意識のうちに心の抵抗があったりすると、
心の乱れが細胞内の電流の乱れとなって
あらわれるのである。
こうした生体内に流れる電流の変化を
応用したものがポリグラフ(ウソ発見機)なのである。

バクスターは、何気なくドラセナという
観葉植物の葉にポリグラフのクリップを取りつけると、
なみなみと水を汲んできて、勢いよく
ドラセナの根本にやり始めたのである。
すると、針は小刻みに動き始めた。それは
人間で言う興奮状態にあるのと似ているように見えた。

まるでドラセナが水を与えられて
喜んでいるようにも思えたが、
ただの反射作用によるものなのか
見当がつかなかった。
次に葉を熱いコーヒーの中につけてみたが
何の異常も見られなかった。
そこで、今度は何かもっと強い刺激を与えたら
どうだろうと考えた彼は、半分投げやりになって、
いっそのことドラセナに火をつけたら
どうなるだろうと考えたのである。

まさにその瞬間だった。
針は彼がまだ実際に行動を起こしていないにも
かかわらず大きく上下に波打ったのである。
それは、まるでドラセナが彼の心を見抜いて
悲鳴を上げたかのようだった。

この発見は衝撃的なものだった。
一見、無機質に見える植物にも人間と同じような
感情が備わっていることを示すものであったからだ。
彼はその後もさまざまな実験を試みた。
ミジンコや小エビのような小動物を
熱湯に入れた時や
傷口を消毒するためにヨードチンキなどを
つけた時なども、激しい揺れを記録することも
わかった。

植物を焼いて乾燥させ、その成分を
分析をしているという
専門の植物学者が近づいた時など
まるで気を失ったように針は一斉に
沈黙してしまったりした。
また、植物に興味のない人間が
いやいや世話をしたり、
不公平な扱いをされると、メーターの針は
全く反応しなくなってしまうこともわかった。

こうして得た結論は、植物にも人間のように
喜び、怒り、恐怖、嫉妬と言った多彩な感情を
持っているということであった。

また、植物は他の生物が死ぬ時や
自らの身に危険がおよぶ時などにも
激しく反応することがわかった。
つまり、植物は自分の近くに起こる
死や殺意といったマイナスのエネルギーを
敏感に察知するのである。

例えば、ある邪悪な心を持った人間が、
表面上、善人ぶって近づいてきても、
植物にはその人間の持つ本質を鋭敏に
見抜いてしまうということである。
そして、手荒に不公平な扱いを受けたりすると
すねたり嫉妬したりするのである。
逆に、自分を保護して優しくいたわってくれる人間には、
一段といい香りを漂わせて葉や茎全体を使って
率直に喜びの表現をあらわすのであった。

『植物が私たちに与えるメッセージ 』

本来、植物の感覚は、動物のそれと比べて
本質的にちがうとされる。
動物が鳴いたり、動きをすることで自らの
喜怒哀楽を伝えるのに体して、
植物の場合は受動的である。

つまり、特殊な感覚によって相手の心を
読み取りそれに応じて反応するのである。
それが、生物から発せられるオーラ
(生体から発せられるエネルギーの場)を
読み取れるためなのか、
それともテレパシーのような読心術に
近いものなのかはわからない。
生命力に満ち溢れ精神性の高い人物からは
一際強いオーラが発散されるというが、
そうした強いエネルギーに植物は一段と
強く反応するのである。

今日では、植物は、天変地異を予知できる
特殊な能力を秘めていることが知られている。
オジギ草は光や音に敏感に反応することが
知られているマメ科一年草だが、
その感触は実にデリケートで指で少し触れただけでも
即座に閉じてしまう。

その動きは植物というよりも動物的に思えるほどだ。
そして、日の出から葉を開き始め、
日没30分前から徐々に閉じてゆく。
その規則正しさは時計なみである。

ところでこのオジギ草、地震や雷、火山の爆発など、
なにか突発的な異常が自然界に起こる際には、
2日ほど前から不規則な反応をすることが
知られているのだ。
つまり、昼間なのに葉が閉じたり、
夜でも葉が開いたりして規則正しいはずの
オジギ草のリズムが狂い出すのである。
こうした時、何か突発的な恐ろしいことが
起こる前ぶれと考えられる。
つまり、オジギ草は、そうした形で我々に
緊急のメッセージを送っているのである。

『興味深い進化の原理』

植物は危険を察知した時、どうするだろうかという
実験がなされたことがある。
植物に何千という害虫をけしかけてみたのである。
動くことがなく受け身一方の植物は、
大量の害虫にたかられて、何もせず手をこまねいて
死を待つだけなのか、
それとも何らかの防衛処置を取るのか、
それは興味深い実験であった。

最初のうち、植物は一方的に害虫にたかられて
葉を食い尽くされていくだけであった。
しかし、そのうち、どうしたことか、
害虫は食欲をなくしたかのように食べなくなり、
元気をなくして動かなくなってしまった。
中にはボロボロと落ちて死ぬものも続出した。

調べてみると、植物は昆虫が嫌がる特殊なエキスを
自らの葉の中に合成していたことが判明した。
つまり、昆虫にとっては、最初はおいしいと感じた
葉っぱが、次第にまずくて食えない代物に
変化していったということである。そして
昆虫は次第に元気がなくなって餓死に
追い込まれたのである。

こうして、植物は自らの体内に昆虫の嫌う生分を
つくり出すことでまんまとを危機を乗り越えたのであった。
しかし、この話にはまだ先がある。
時間が経つにつれて、昆虫の方も植物の
合成した毒に平気な免疫体質のものが
出現するからである。
すると、また植物は新手な手段に出ることになる。
こういう形で植物と昆虫との永遠の知恵比べが
繰り返されるのである。

これは相手が昆虫ではなく鳥や小動物の場合でも
原理は同じである。
こうして、お互いに争ったり利用し合ったりして
植物と動物はしのぎを削り合ってゆく。
植物は、長い年月をかけて必要に応じて
葉のデザインをギザギザにしたりトゲトゲにしたり、
堅い殻をつけたり逆にネバネバにしたりする。

一方、昆虫の方も植物の変化に対応して形が変わったり、
嗜好や習性が変化したりするのだ。
こうして考えると、進化とは何億年もの間、
ひたすら繰り返されるシーソーゲームのようなもので、
果てしなく続けられる化かし合いの
応酬合戦のようなものだという気がする。


ハエトリグサ
ハエジゴク、ウツボカズラと並ぶ有名な食虫植物。




北アメリカ原産で温帯性で乾燥に弱い。
昆虫が触覚毛に触れると、0.5秒で閉じる早業である。

ハエジゴクという食虫植物も、こうした知恵比べの果てに
出現したタイプなのであろう。
ハエジゴクは、葉の付け根から甘い蜜を出す。
ハエなどがこの匂いに吊られてやって来ると、
素早い動きで、長いとげのある葉が左右から閉じて、
ハエを中に閉じ込めてしまう。その動きはまるで
動物のようである。
やがて、消化液が滲みでて昆虫はゆっくりと
溶かされてしまうのだ。
土壌の貧困な土地で生きていくために、
昆虫の養分を吸収していく必要に迫られたのだろうが、
実に理に適った自然の摂理としか言いようがない。

ちなみに、このハエジゴクという植物、
別名ヴィーナス(絶世の美女)というらしい。
女はよく花に例えられるが、甘い香りを漂わせて
獲物を誘惑するという行為から、つけられたのであろうが、
妖艶な魅力の中に危険が潜んでいるというのは
万事に共通するらしい。


『人間のオーラに反応する植物の心』


きらめく光の中で、穏やかで安らぎにも似た感覚、
つまり、これこそが植物の心と思われるものであった。
植物の感覚は宇宙感覚とも呼べるもので、
この世に存在するあらゆる元素の響きを
敏感に感じ取れる触覚のようなものと言ってよい。
面白い実験が行われたことがある

植物を二つに分けて、異なった条件で育てるという
実験が行われたのである。
水や栄養など環境面では差をつけないが、
一方は、絶えず植物に向かってどなり散らしたり
けなしたりして育てる。
もう一方は、愛情を感じさせる優しい言葉をかけて
育てるのである。

すると、どうだろう。穏やかで優しい言葉をかけて
育てられた方は、色艶もよく、すべてに
生き生きとしているのに対して、
どなり散らして育てられた方は、次第に元気がなくなり、
やがてしおれ始め、ついには
枯れてしまったということであった。

植物の心は正直で受動的である。
彼らの方からは何一つ隠そうとはしていない。
ただ、我々の偏見が彼らの誘いを拒んでいる
だけなのである。
植物と交信するためには、偏見にとらわれていない
純真な子供が向いているのだそうだ。
女性も、感覚的に右の脳で思考すると
言われているので男性よりも向いているらしい。
すべてを受け入れることの出来る
オープンマインドの心の持ち主だけが、
植物の心と交信することが可能なのだ。

……終わり

Author:不思議館


Mituo 
時は絶えず流れ、
今、微笑む花も、
明日には枯れる

 
 
 
昨日という日は歴史、
今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー





P R
    カビの生えない・きれいなお風呂
    
    お風呂物語