読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

妄想物語

やっとパソコン直りました(^o^)

時は絶えず流れ、
 今、微笑む花も、明日には枯れる


昨日という日は歴史、
今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー



Mousou2 日本最大の組織
(山口組)

創設100周年を迎えた
山口組。 
その知名度とは裏腹に
内情はあまり
知られていない。

 
 
その組織はいつどのように誕生し、
過去から現在までどのように膨張し、
巨大化してきたのか・・・
そしてなぜ今衰退傾向にあるのか・・・

今なお日本最大組織であり続ける
山口組とはどういう組織なのか。

当記事は、
殺人や犯罪を助長する訳ではありません、
話題がヤクザの事なので、
当たり前のように書いています。 


六代目 司忍 平成17年(2005年)~現在
ヤクザにとって今までにない難しい時代、
現在の組長。


人物エピソード

司忍という名前は本名ではなく、いわゆる渡世名。
由来には諸説あるが、早世した親族の名前から
由来したものではないかという説がある。

ヤクザの最高位にまで上り詰めながら
名古屋の弘道会時代から生活や
食事も質素で知られる。
日頃から健康にも気を使い、肉体鍛錬も欠かさず、
その事について聞かれた時こう答えている。
「やっぱり体が健康じゃないと、
体が不健康やと人間考え方も
おかしくなって来ると思うからね」

舎弟頭の入江禎によると、司忍は
60代になっても冬はスノーボード
出かけていたという。
この年代でそういう事が出来るのは、
日頃からの鍛錬が普通の人とは違い、
とても我々が真似できるような事ではないと
言っている。

弘道会々長の頃から若い者を大事にし、
特に組の事で服役している者への配慮は手厚かった。
弘道会ではお中元やお歳暮が届くとまずは
服役者の家族の元へと届けられる。
またその家庭に小さな子供がいれば、
誕生日などにはプレゼントも届けられていたという。

物腰も柔らかく、まだ六代目に就任する前の
五代目時代、自身の率いる大勢力を
カサに着ることもなく、他の直参に対しても
常に頭が低かったという。
自分に都合よく行動するわけでなく、
何事も公平に見る事が出来る人物と
評価も高い。

また阪神大震災の時には神戸へ入り、
自ら人のために一生懸命大量の
焼きそばを作っていたという。
この様子を目撃した当時山健組で
部屋住みをしていた者によると、
親分にこんな事をさせて大丈夫なのかと
我が目を疑ったという。
山健組ではありえない。そう思うと同時に
ヤクザの親分も様々で、司忍という親分は
立派な親分だなと尊敬するようになったという。

出生

昭和17年(1942年)1月25日
大分県大分市生まれ。
大分県水産高等学校を卒業後は
地元の水産会社に就職している。
その後大阪に出て愚連隊のような生活を送る。
この頃大阪で司忍と行動を供にしていた
兄貴分に当たる人物は、その後山口組系北山組や
宅見組に籍を置き山一抗争時の一時期には
微妙な立場にあった。
現在も大阪の堺に存命中で、六代目就任後も
交流はあり、大阪で行動を供にしたのは
ごく短い期間だったが、
司忍は昔と変わらずアニキと呼びかけるという。

名古屋へ

昭和37年(1962年)大阪から名古屋へと移り住み
三代目山口組系鈴木組の弘田武志の若い者になる。
その後鈴木組は解散し地盤を引き継いだ弘田組が
三代目山口組の直系組織となる。
司は弘田組内に司興業を結成する。

昭和44年(1969年)東陽町事件
弘田組は大日本平和会と激しく対立し、
日本平和会の春日井支部長、豊山一家
豊山王植組長を刺殺する事件が起こる。
この事件で司忍は首謀者として懲役13年、
司興業若頭の土井幸政は13年、
弘田組系佐々木組の高山清司
(後の二代目弘道会々長)は4年を
言い渡される。
山口組系の弘田組は
地元組織と多くの衝突を繰り返していた。

司忍が宮城刑務所を出所したのは、
山口組の三代目組長田岡一雄が
亡くなったころだった。このころ、
司忍の親分弘田武志は田岡の後継者とされる
山本健一と関係が深く、山本が四代目を継いだ後も
当然山口組に参加するはずだった。
ところがその山本健一が四代目を継ぐ事なく
田岡の後を追うように亡くなった。

弘田組は一和会にも、四代目山口組にも加わらず
弘田武志は組を解散しヤクザを引退した。
司忍は弘田組の地盤を引き継ぎ新たに弘道会を結成し、
四代目山口組の盃を受けた。
弘道会の「弘」の字は弘田から来ている。
不覚にも引退させてしまった我が親分への
気持ちあっての事であろう。

四代目山口組直参へ

こうして四代目山口組の発足と同時に
司は直参となった訳だが、安堵は訪れない。
昭和60年(1985年)1月
山口組四代目組長竹中正久は半年足らずで、
山口組から分裂した一和会の放った
ヒットマンの手によりあっけなく暗殺された。

五代目山口組で執行部入り

平成元年(1989年)
山一抗争が終結し五代目山口組の発足と同時に
若頭補佐に就任。

平成3年(1991年)名古屋抗争

中京地区には反山口組の色が濃い
中京五社会があり導友会、稲葉地一家、
瀬戸一家、平野一家、運命共同会
(鉄心会、中京浅野会、平井一家)が加入していた。
この中の鉄心会の者が、運命共同会に対して、
弘道会への加入を求めた。
運命共同会はこれを拒否し、
これら鉄心会組員全員を破門にした。

1月26日、弘道会は、愛知県名古屋市千種区の路上で、
弘道会への加入を拒否していた運命共同会
鉄心会組員を銃撃し、重傷を負わせる。
1月28日、鉄心会伊藤組々長の自宅兼
中古車販売会社に、銃弾を撃ち込んだ。
1月30日、鉄心会の関係企業の不動産業者2人を、
乗用車内で射殺した。
2月12日、弘道会と運命共同会の間に
和解が成立した。

これをきっかけに、中京五社会は崩壊し、
瀬戸一家、平井一家は五代目山口組の傘下へ入り、
中京浅野会、平野一家、導友会、稲葉地一家は、
弘道会傘下となり、愛知県下における
山口組の勢力図が一気に塗り変わった。

六代目襲名へ

平成17年(2005年)3月
弘道会々長を髙山清司に譲って
二代目弘道会総裁となり、自らは
二代目弘田を名乗る。

同年5月、五代目山口組若頭に就任し、
7月には六代目山口組々長に就任した。
山口組六代目を継承すると、
二代目弘道会々長髙山清司を若頭に就ける事で
初代弘道会体制をそのまま山口組本家に持ち込んだ。
新たに「幹部」ポストを創設し、
また、山口組から消えていた
倉本組と小西一家の名跡を復活させ、
東京の四代目國粹会々長工藤和義を顧問として迎え、
山口組初となる東京都内での直系組織を誕生させた。

2005年11月29日上告が棄却され、
懲役6年の実刑判決が確定。
同年12月5日に出頭して大阪拘置所に収監され、
府中刑務所に移監された。
2011年4月9日、未決拘留を差し引いて
5年4ヶ月で満期出所した。


『5歳の息子がヤクザを泣かせた。』



七代目は誰が継ぐのか

司忍組長が君臨する六代目山口組の
最後はどうなるのか興味深いところです。
亡くなるまで終身組長であり続けるのか、
引退という形で七代目を指名するのか分りませんが、
司組長も70歳を超えていますので、
やはり生きているうちに指名しておく方が、
一番すんなり行くのではないかと思います。
急死した場合、親分の遺志はどうあったのか、
遺言状はあるのかなど跡目を巡って
一波乱起こります。

高山清司七代目への可能性

順当な跡目として若頭の高山清司がいますが、
2014年から現在も服役中で健康問題も抱えており、
出所予定は2019年で出所時には70歳を越えます。
年齢的な取り決めはありませんが、
現実的問題として出所後の襲名は難しいと考えます。
出所してすぐに代替りするとしても、
77歳になっている司組長から72歳の
高山清司への継承は、その後を考えると
何年持つのでしょうか。

誰に可能性があるのか

統括委員長で極心連合会々長の橋本弘文が、
高山若頭不在の執行部を仕切っているようです。
このことから高山に次いで、
山口組のナンバー3などと言われているようです。
高山若頭と同年齢ですが、橋本統括委員長は
見た目にも健康そうで年齢よりも若く見えます。

次に三代目弘道会々長の竹内照明です。
司、高山ラインの先が竹内です。
実質弘道会は強引とも言える手段で、
高山と竹内の二人の直参を誕生させました。
過去の概念では、直系組織の代替りは
引退か死去しかありませんが、
弘道会だけは高山が本家の若頭に就いたまま
組織を代替りさせています。

座布団に近いのは、つまり七代目に「就けたい人物」が
三代目弘道会々長の竹内照明ではないかと思います。

後、ダークホースになるのが、
四代目山健組々長・井上邦雄です。
選挙で投票すればこの人物に決まるのではないかと
思うのです。
司組長も井上の功績を十分に認めていると思います。

※その後


三代目弘道会々長・竹内照明が若頭補佐として
執行部入りしました。補佐の中では末席ではありますが、
これで六代目山口組を弘道会で固め切ったという
印象があります。

Author:山口組情報局 All rights reserved.

掲載しているお話は、当HPには著作権はありません。
掲載内容に問題がある場合は、お手数ですが
ご連絡下さい。迅速に対応させていただきます。


『みんな夢の中 』高田恭子



人の為(ため)と書いて
いつわり(偽)と読むんだねぇ

誰にだってあるんだよ、人には言えない苦しみが。
誰にだってあるんだよ、人には言えない悲しみが。
ただ、黙っているだけなんだよ、
言えば、言い訳になるから……