読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

妄想物語

時は絶えず流れ、
 今、微笑む花も、明日には枯れる


昨日という日は歴史、
今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー



Mousou2 日本最大の組織
(山口組)

創設100周年を迎えた
山口組。 
その知名度とは裏腹に
内情はあまり
知られていない。


 

その組織はいつどのように誕生し、
過去から現在までどのように膨張し、
巨大化してきたのか・・・
そしてなぜ今衰退傾向にあるのか・・・

今なお日本最大組織であり続ける
山口組とはどういう組織なのか。

当記事は、
殺人や犯罪を助長する訳ではありません、
話題がヤクザの事なので、
当たり前のように書いています。 


五代目 渡辺芳則 
(1989年)~(2005年)

大抗争後、独立組織を吸収しさらに
山口組を近代化させた人物。

渡辺芳則(1941年)
栃木県下都賀郡壬生町の農家の家に生まれる。
1956年
中学校を卒業後しばらくは地元でぶらぶらしていたが、
その後上京し浅草の日本蕎麦屋で住み込みで働くものの
17歳の頃には、飯島連合会系のテキヤを
手伝うようになる。
この東京時代に山健組の三輪正太郎と知り合う。


山健組へ

渡辺は東京での生活に見切りをつけ栃木に帰った後、
京都に移った。
それでもぶらぶらとした生活は変わらず、20歳の頃に
三輪を頼って神戸へと出た。
これが山健組に入るきっかけとなる。
いったん神戸に出た渡辺は山本健一の舎弟、
尻池実が豊中市の蛍ヶ池に手がけていた宅地造成地の
仕事を手伝うようになる。

渡辺は後年この頃の事をこう語っている。
「メザシが鯛になる道理はない。鯛になるには
若いうちに鯛の子供になるしかない。
俺が山健組に入った頃には人の靴も並べたし、
人のお茶もくんだ。そやけど
コイツにいつか俺のお茶くましたる。いう腹は
持っとったからね」

渡辺自身の記憶によると山健組に入ったのは
(1963年)頃である。
山健組時代の渡辺は「渡辺五郎」を名乗っていた。
まだ20代の頃、渡辺は山健組を破門になっている。
当時の山健組内では舎弟頭の田中達男が
組長の山本健一に次ぐ実力者で、渡辺は
この田中とウマが合わなかった。
そのうち口論だけでは済まなくなり破門状が回された。
しかしこれは組長の山本健一によって解かれ、
以降は健一に付く事となった。


金運

渡辺は山健組に入った後もたびたび栃木の実家へと
足繁く通った。
親に金の無心をするためだった。
このころ渡辺の実家では農家をやめて二十軒以上の
貸家を営んでおり、かなり裕福であった。
当時の金で一回に二百万、三百万と持ち出していた。
他にも個人的なスポンサーがいた。
渡辺に金が必要となるとパチンコの全遊連会長が
気前よく渡してくれたという。

山本健一の妻・秀子の後ろ盾

複数の事件により44年から組長の山本健一
わずか一年の間に4回も逮捕されている。
同時に幹部数名が逮捕され、さらに舎弟の尻池実や
松下靖男らが指名手配された。

山本健一の妻・秀子に言わせると事実上の
壊滅状態だったという。
そこで秀子はまだ下っ端の渡辺にこう言った
「どないや渡辺、お父さんの代わり務まるか?」
早い話、拳銃を持って出頭し健一の身代わりを
引き受ける事が出来るかということである。
渡辺は「わかりました。それ以上言わんといて下さい」と
微笑んだ。
この件で拳銃12丁を持って出頭した渡辺は
1年2ヶ月の判決を受け服役した。
現在なら10年以上は服役する事になるだろう。

秀子はこの件で
「お父さんを助けたのはこの子なんだから、
私の権力の座を乱用してでも、この子を絶対に
男にしてやろうと思うたわけ。
私があの子をカシラに据えるように持っていった」と
語っている。
(1970年)服役を終え出所すると渡辺は、山健組内に
自身の組織健竜会を結成した。


渡辺と大阪戦争

(1971年)山本健一が山口組本家の若頭に就くと同時に
渡辺も山健組の若頭に就いた。
若頭に就いたとはいえ渡辺は山健組全体を指揮し、
牽引していくほどの立場にはなかったという。
数こそ力と考える渡辺だったが、当時の山健組は
山本健一の考えから小所帯であった。
抗争にしても健一は、いざという時に
率先して行く者がいればいいという考えである。
対する渡辺は、同じ行くにしても行った人間を
少人数で支えるよりも、多くの組員で支える方が経済的に
負担も軽く出来るという考えである。

健竜会結成後の渡辺は自身の組織健竜会の
膨張に力を注いだ。
大阪戦争においては渡辺の指揮の下、
山健組として抗争に当たったという認識は誤解で、
実際は山健組内の健竜会、盛力会、健心会が
対抗心むきだしに競い合って抗争に当たった事が、
結果的に山口組内での山健組の評価となり
若頭渡辺の評価になった。

この大阪戦争では渡辺率いる健竜会が、
和歌山の松田組系西口組々長、西口善夫の自宅を狙い、
門前で警備に当たっていた組員二人を射殺した。
この事件で健竜会は五人の逮捕者を出したが、
盛力会や健心会と違い、会長の渡辺まで
類が及ぶことはなかった。
同会理事長補佐の井上邦雄は
この事件の首謀者として17年服役したが、
出所後に健竜会の四代目を継ぎ、
その後山健組の四代目組長に就任した。


二代目山健組々長へ

大阪戦争終結後、山本健一は保釈を取り消され
収監された。
上告も棄却され健一の3年6ヶ月の刑は確定した。
(1981年)7月
三代目山口組々長の田岡一雄が亡くなった。
四代目には山本健一が内定しており出所後に
襲名予定となっていた。
しかしその山本も刑の執行停止となり
(1982年)2月4日に死去した。

(1982年)
渡辺は山健組二代目を襲名し、 同年6月には
三代目山口組の直参に昇格した。
(1984年)6月
山口組四代目組長に竹中正久が就任した新体制で、
若頭補佐に就任する。
(1985年)1月
四代目組長竹中正久と若頭の中山勝正(豪友会々長)、
南力(南組々長)が一和会のヒットマンに暗殺される。


五代目山口組々長へ

同年2月組長代行に中西一男が就任し、
新たな執行部体制で若頭に就任。
(1989年)4月27日
一和会との抗争を終結させて、五代目山口組々長を
襲名した。
五代目就任にあたって宅見勝との密約説もささやかれ、
組の運営は執行部に一任させられ組長としての発言を
抑制されていたという説がある。

事実、抗争事件や外交の判断は若頭の宅見勝を中心に
執行部が実権を握った。またこの五代目体制下では
各地の独立団体を傘下に収め山口組として更に膨張し、
一時は直参組織が120を超えた。
ブロック制導入などの合理化や統制化を進めて
近代的組織へと発展させた。
しかしこれらも宅見の手腕によるところが大きい。

ところが宅見との関係も徐々に悪化し、
(1997年)
中野会の手により宅見勝は射殺された。
(2004年)11月
藤和会系山下組々員が京都で起こした警官誤射殺事件で、
不法行為に対する使用者責任を認定する
最高裁判決を受けた直後、長期静養を宣言したが
渡辺本人の意思ではなく執行部に押し切られる形での
休養だったと言われている。
(2005年)
体調不良という建前で引退した。
(2012年)12月1日
兵庫県神戸市中央区の自宅で死去。71歳没。




六代目山口組組長 司忍
本当は一和会に行くはずだった




『異国での日本人拘束事件の解決に
ヤクザが尽力した話』


(1985年)1月
MNLFというイスラム系反政府ゲリラ
モロ民族解放戦線」にフィリピンのホロ島で、
日本人のフリーカメラマン、石川重弘氏が拘束される
事件が起きた。
ゲリラ側は日本大使館にマシンガン100丁と30万ドル
(7000万円)を要求してきた。
日本政府は為す術なく、外務省も石川重弘氏の実家へ
「死んだと思われたし」という考えられない
通告までしていた。

当時の外務大臣は、安倍首相の父にあたる
安倍晋太郎だが、日本政府は、事実上
事件を放置し日本人を見捨てた。

拘束されてから数か月後、この話が元三代目
山口組の直系組長・黒沢明に持ち込まれた。
黒沢を通して更に話は、
民族派新右翼の代表的な論客として知られた
野村秋介氏に持ち込まれた。

野村氏は激しく政府を批判したが、
政府批判だけでなく自らも具体的な救出作戦に
乗り出した。
野村は遠藤誠弁護士、黒沢明らと協力し、
日本船舶振興会笹川良一も動かして、
思想や立場も超えて協力し合う事で、
ゲリラ側との接触に成功する。

なぜ接触する事が出来たのか?
当時日本のヤクザはフィリピンの裏社会とは、
拳銃の密輸などで密接な関係があった。
これらにヤクザ独自が持つパイプが生かされた事は
間違いないだろう。
交渉を重ねていく中で野村は、
金と武器を要求するゲリラ側に対して、
民族解放という立派な思想を掲げる組織なら、
大金を目的とするなと諭し、
武器については、日本にはマシンガンは
一丁もないと断った。

野村の粘り強い交渉により、
身代金が3000万円という事でまとまった。
しかし、この3000万円の捻出に行き詰る。
そこで助け舟を出したのが、当時四代目
山口組直系の後藤組組長・後藤忠政だった。
かねてから野村と後藤は交流があり、
野村から相談を受けた後藤は、
「分りました。野村さん3000万出しましょう」と
金銭の負担を引き受けた。

これで事件が解決した。
(1986年)3月
最終的に、3000万円分の医療物資支援という事で、
石川重弘氏は1年2か月ぶりに解放された。
日本政府が見捨てた日本人を、
現役ヤクザや元ヤクザが協力し、見事救出した。

Author:山口組情報局 All rights reserved.

掲載しているお話は、当HPには著作権はありません。
掲載内容に問題がある場合は、お手数ですが
ご連絡下さい。迅速に対応させていただきます。


人の為(ため)と書いて
いつわり(偽)と読むんだねぇ

誰にだってあるんだよ、人には言えない苦しみが。
誰にだってあるんだよ、人には言えない悲しみが。
ただ、黙っているだけなんだよ、
言えば、言い訳になるから……