読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

言葉の魔術師・言葉の達人

言葉の魔術師・言葉の達人

達人たちは1曲の詞を書くために、
言葉を巧みに操り、
その時代を象徴する言葉を探した。
その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、
その歌は大ヒットした。


「孤独がつらく感じるとき」
「愛することがよくわからなくなったとき」
いつも、勇気と力を与えてくれた…、
作詞家は言葉の魔術師である。
そんなプロの「作詞家」の皆さんを紹介します。

 

f:id:campbll:20150603094813j:plain


第14回日本レコード大賞受賞曲「喝采」をはじめ、
数々のヒット曲を世に送り出すとともに、
学術、芸術分野での功労者に贈られる
紫綬褒章」を受章された「吉田旺」さんです。


代表作

「喝采」「紅とんぼ」 / ちあきなおみ
「東京砂漠」 / 内山田洋とクールファイブ
「恋文」「ルイ」 / 由紀さおり
立待岬」 / 森昌子
草枕」 / 都はるみ
ミュージカル「LADY DAY」訳詞/ ちあきなおみ
その他、多数あり。


歌は心の走馬灯、
 歌は世につれ、世は歌につれ、
  人生、絵模様、万華鏡…



作詞:吉田旺作曲:船村徹

空(から)にしてって 酒も肴も
今日でおしまい 店仕舞
五年ありがとう 楽しかったわ
いろいろお世話になりました
しんみりしないでよ… ケンさん
新宿駅裏“紅とんぼ”
想い出してね… 時々は


ちあきなおみ・ 紅とんぼ  』



作詞論
 真新らしいキャンヴァスに絵筆をおろすように
 まっ白な気持でゼロから新曲にたち向かうことかな…。


作詞家になったきっかけは?
 
月刊「平凡」の募集歌に応募したこと。
 作詞などしたことがなかったのですが、
 賞金3万円とステレオの賞品が欲しくて…。



プロ、初作品について
 「雨に濡れた慕情」/ ちあきなおみ
 それまでは日曜作詞家という感覚でした。



作品を提供したいアーティスト
 原田芳雄憂歌団


あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
 「晩夏」/ 梶芽衣子 「雪」/ 日吉ミミ 他多数
 恵まれない子ほど愛おしいものです


なぜ「詩を書くことを選んだか」
 
気づいた時には生業となっていました。


プロの作詞家になりたい人へのアドバイス
 
見る物 聞くもの 触るもの 全てに観察魔であり
 妄想怪人であれ!


一口メモ
 
レコーディングの時「どうしてこんなに私の気持がわかるの」と
 感激してくださったことが、ウタ書きとしての
 自信と宝物となっています。


私の好きなあのフレーズ
 「どうしてうたうの そんなにしてまで
 ときどき私は 自分にたずねる
 心のなかまで 土足で踏まれて
 笑顔のうしろで かげ口きかれて」



プロフィール 
1941年 福岡県北九州市若松にて生まれる
1960年 多摩美術大学卒業後広告代理店に勤務(2年)
 以後、フリーデザイナーと作詩の2足の草鞋を履く
1972年 「喝采」日本レコード大賞 受賞
1980年 「ふたりの夜明け」FNS歌謡祭 グランプリ受賞
1982年 「立待岬古賀政男記念音楽大賞 受賞
1989年 「紅とんぼ」藤田まさと賞 受賞
1991年 「しぐれ川」藤田まさと賞 受賞
2007年 紫綬褒章 受章


時は絶えず流れ、
今、微笑む花も、明日には枯れる



P R
カビの生えない・きれいなお風呂
    
    お風呂物語 

f:id:campbll:20150930161949p:plain