読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

チャンネル・掲示板

チャンネル・掲示板

幸せがつづいても、不幸になるとは言えない
 不幸がつづいても、幸せが来るとは限らない



Mousou2 昨日という日は
歴史、
今日という日は
プレゼント
明日という日は
ミステリー 
 
 
喜びの詩(うた)
『わたしがあなたを選びました 』


おとうさん、おかあさん、と、呼ばせてください。
あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、
わたしは地上におりる決心をしました。
きっと、わたしの人生を豊かなものにしてくれると
感じたからです。

汚れなき世界から地上におりるのは、
勇気がいります。
地上での生活に不安をおぼえ、
途中で引き返した友もいます。
夫婦の契りに不安をおぼえ、
引き返した友もいます。
拒絶され、泣く泣く帰ってきた友もいます。

あなたのあたたかいふところに抱かれ、
今、わたしは幸せを感じています。
おとうさん、わたしを受け入れた日のことを、
あなたはもう思い出せないでしょう?
いたわり合い、求め合い、
結び合った日のことを。
永遠に続くと思われるほどの愛の強さで、
わたしをいざなった日のことを。
新しい”いのち”のいぶきを、
あなたがフッと予感した日のことを。
そうです、あの日。
わたしがあなたを選びました。

おかあさん、わたしを知った日のことを
おぼえていますか?
あなたは戸惑いました。
あなたは不安に襲われました。
そしてあなたは、わたしを
受け入れてくださいました。
あなたの一瞬の心のうつろいを、
わたしはよーくおぼえています。

つわりのつらさの中でわたしに思いをむけて、
自らを励ましたことを。
わたしをうとましく思い、もういらないと
つぶやいたことを、
私の重さに耐えかねて、
自分を情けないと責めたことを、
わたしはよーくおぼえています。

おかあさん、あなたとわたしはひとつです。
あなたが笑い喜ぶときに、
私は幸せに満たされます。
あなたが怒り悲しむときに、
私は不安に襲われます。
あなたが憩いくつろぐときに、
私は眠りに誘われます。

あなたの思いはわたしの思い、
あなたとわたしは、ひとつです。
おかあさん、わたしのためのあなたの努力を、
わたしは決して忘れません。
お酒をやめ、タバコを避け、
好きなコーヒーも減らしましたね。
たくさん食べたい誘惑と、
本当によく闘いましたね。
わたしのために散歩をし、
地上のすばらしさを教えてくれましたね。
すべての努力はわたしのために。

あなたを誇りに思います。おかあさん、
あなたの期待の大きさに、ちょっぴり
不安を感じます。
初めての日に、わたしはどのように
迎えられるのでしょうか?
わたしの顔はあなたをがっかりさせるでしょうか?
わたしの身体はあなたに軽蔑されるでしょうか?
わたしの性格にあなたはため息をつくでしょうか?
わたしのすべては、神様とあなたたちからの
プレゼント。

わたしはこころよく受け入れました。
きっとこんなわたしが、いちばん
愛されると信じたから。
おかあさん、あなたにまみえる日はまもなくです。
その日を思うと、わたしは喜びに満たされます。
わたしといっしょにお産をしましょう。
わたしがあなたを励まします。

あなたの意思で回ります。
あなたのイメージでおりてきます。
わたしはあなたをこよなく愛し、信頼しています。

おとうさん、あなたに抱かれる日はまもなくです。
その日を思うと、わたしの胸は高鳴ります。
わたしたちといっしょに、お産をしましょう。
あなたのやさしい声が、
わたしたちに安らぎを与えてくれます。
あなたの力強い声が、わたしたちに
力を与えてくれます。

あなたのあたたかいまなざしが、
わたしたちに励ましを与えてくれます。
わたしたちはあなたをこよなく愛し、
信頼しています。

おとうさん、おかあさん、と呼ばせてください。
今、わたしは思っています。
わたしの選びは正しかった、と。
わたしがあなたたちを選びました。

Author:鮫島浩二



『情けない僕の回顧録』

 
 

『子宮外妊娠』
私は妊娠していた。まだ6週目ぐらいだった。
ちょうど1ヶ月前のこの時間。(午前4時頃)
急にお腹に激痛が走り母親を起こし病院へ
連れて行ってもらった。

母も慌てていたのか救急外来ではなく
1番近くにある病院に来てしまった。
もう他の病院に行くまで待てず無理やり
病院に入れてもらった。

運良く産婦人科の医者が寝泊まり担当で
診察してもらった。結果は子宮外妊娠。
泣いて泣いて泣きまくった。
そのときはなにも考えれずただ泣いた。

母も隣で必死に医者にどうにかできないかと
泣きながら相談していた。
子宮外妊娠は卵管で赤ちゃんが育ち始め
大きくなってくると卵管が赤ちゃんの大きさに
耐えきれず破裂してしまうことから出血し
激痛が起こる。
中にはかなりぎりぎりまで卵管が膨れて
急激に破裂しショック死してしまう人も居るらしい。

だから私は緊急手術をすることに。
麻酔が効くぎりぎりまで私はお腹を撫でた。
目が覚めるとお腹には今までと違う痛み。
お腹を見れば三ヶ所に手術の後があった。

今、自分に起きたことが現実だと思いしらされた。
もうお腹に赤ちゃんが居ないと知って、
声をあげて泣いた。
そのときは言葉なのかよく分からない事を口にしてた。

翌日、検査の為産婦人科の場所へ行った。
取り除いた卵管見ますか?
そう医者に言われた。
私はかなり若いので医者は気を使ってくれたのだろう。
私は赤ちゃんの姿を見れるのは今だけだ。
今を逃したら二度と見れない。
そう思い医者にお願いしますと頼んだ。

縦5ミリ、横1センチ~2センチ程度の
卵管の真ん中部分だけがぷっくりと膨れていた。
そのときなぜか涙が溢れて止まらなかった。
すっごく小さいけどちゃんと大きくなってたんだって
感動した。

妊娠した妊婦さんが望んでいないのに。とか
要らない。とか言う人も中には居るかもしれない。
でも、赤ちゃんは私たちよりはるかに小さくて
でもきちんと育っているんです。生きているんです。
母親に抱っこされて「生まれてきてくれてありがとう」って
言ってもらいたくて頑張って必死に生きているんです。

小さくても赤ちゃんの命はすごく重たいんです。
そして産みたくても産めない人だっているんです。
きちんと子宮の中で赤ちゃんが育っているのは
本当にすごい事なんです。
産む気がないなら避妊してください。
性行為ができるなら避妊だってできるはず。

大人の真似をするくせに妊婦したらまだ子供だから。
なんて都合いい事言わないで下さい。
あなたの行為一つで失わなくていいはずの
命が消えてしまいます。
1人でも多くの方にきちんと妊娠できる奇跡。
子宮外妊娠の辛さ。
命の重たさを知って欲しいんです。…

Author:名無しさん

 

「バラが咲いた」の歌詞の意味、
秋川雅史さんがコンサートでこう言っていたそうです
「バラが咲いた」の歌詞の、バラというのは
花のことではないんです。
バラというのは子供のことなんです。
「バラが咲いた」の意味は、
「子供が生まれた」ということを唄っているんです。
だから「真っ赤なバラ」というのは、
赤ちゃんのことなんです

「寂しかった僕の庭にバラが咲いた」は、
子供が生まれて心が豊かになって
嬉しい気持ちを表しているんです。

そして二番で唄われる「バラが散った」というのは
子供が結婚したという意味なんです。
結婚して自分の元から、旅立って
しまったことを言っているんです。
だから、さびしくなったけれど、
また別のバラが咲くんです。
子供が幸せになって、心の中にバラが咲くのです。
それはいつまでも散らない真っ赤なバラなんです。
で。この説明したあとに、秋川さんが
「バラが咲いた」を唄って見にきてる
おばさまがたが、号泣らしいです…

歌詞は こちら↓
バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが
さびしかった僕の庭に バラが咲いた
たった一つ咲いたバラ 小さなバラで
さびしかった僕の庭が 明るくなった

バラよバラよ 小さなバラ
そのままで そこに咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが
さびしかった僕の庭に バラが咲いた

Author:名無しさん

 
 
人の為(ため)と書いて
いつわり(偽)と読むんだねぇ

誰にだってあるんだよ、人には言えない苦しみが。
誰にだってあるんだよ、人には言えない悲しみが。
ただ、黙っているだけなんだよ、
言えば、愚痴になるから……



時は絶えず流れ、
 今、微笑む花も、明日には枯れる