読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

言葉の魔術師・言葉の達人

言葉の魔術師・言葉の達人

達人たちは1曲の詞を書くために、
言葉を巧みに操り、
その時代を象徴する言葉を探した。
その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、
その歌は大ヒットした。


「孤独がつらく感じるとき」
「愛することがよくわからなくなったとき」
いつも、勇気と力を与えてくれた…、
作詞家は言葉の魔術師である。
そんなプロの「作詞家」の皆さんを紹介します。

f:id:campbll:20150710113059j:plain


「三百六十五歩のマーチ」をはじめ、
数多くのヒット曲を世に送り出し、
現在は、日本作詩家協会会長を務め、
音楽の普及・発展にご尽力されている

星野哲郎さんです。


代表作

黄色いサクランボ」 / スリー・キャッツ
「三百六十五歩のマーチ」 / 水前寺清子
「恋は神代の昔から」 / 畠山みどり
男はつらいよ」 / 渥美清
アンコ椿は恋の花」 / 都はるみ
昔の名前で出ています」 / 小林旭
「みだれ髪」 / 美空ひばり
風雪ながれ旅」 / 北島三郎
「兄弟船」 / 鳥羽一郎
「女の港」 / 大月みやこ
「雪椿」 / 小林幸子 

 
その他、多数。


歌は心の走馬灯、
 歌は世につれ、世は歌につれ、
  人生、絵模様、万華鏡…


作詞:星野哲郎・作曲:船村徹

破れ単衣に 三味線だけば
よされよされと 雪が降る
泣きの十六 短かい指に
息を吹きかけ 越えてきた
アイヤー アイヤー
津軽 八戸 大湊


北島三郎 風雪ながれ旅



作詞論
 四行で書けることを五行に書くな
 五行で書けることを六行にするな
 これが演歌を書く基本であり
 自分へのいましめである
 朗読詩集「いろはにそらしど」
 ~いましめ~より



作詞家になったきっかけは?
 
商船学校を卒業し、憧れの船乗りになりましたが
 病気のため下船。闘病生活中の昭和27年
 『コロムビア府県対抗歌謡コンクール』に
 懸賞応募した作品が、石本美由起先生の補作により、
 翌28年レコード化されたのがきっかけです。



プロ、初作品について
 昭和28年「チャイナの波止場」
 若山彰コロムビアローズ。


作品を提供したいアーティスト
 注文を頂いた歌手に書くのが
 「プロ」だと思っています。



あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
 
売れなかったが好きというよりは、
 売れなかった作品ほど愛着が湧きます。



なぜ「詩を書くことを選んだか」
 
寝たきりの闘病生活中
 「頭脳と手を使って生きる方法はないか」と考え、
 少年時代に受験雑誌に短歌・俳句・詩なと投稿し、
 賞金を貰ったことを思いだし、
 投稿マニアから、懸賞作家、
 そしてプロへと進みました。


プロの作詞家になりたい人へのアドバイス
 
頭の二行で勝負すること。あきらめないこと。


一口メモ
 
曲が出来た時「着流しで歌っている私が、
 マーチなんて」と言っていたチータですが、
 第41回選抜高校野球の入場行進曲に選ばれました。
 この曲が人生の応援歌「援歌」の原点です。



私の好きなあのフレーズ
 
「しあわせは歩いてこない 
  だから歩いてゆくんだね」



プロフィール 

 本名 有近哲郎
 大正14年 山口県大島郡東和町(現 周防大島町)生まれ。
 昭和21年 高等商船学校(現 東京海洋大学)機関科卒業。
 その後、遠洋漁業の乗組員となるが大病を患って
 船を下り、約4年間の闘病生活を送る。
 昭和28年 雑誌の懸賞に応募した詞が入選し
 作詞家としてデビュー。
 日本コロムビア日本クラウンの専属作家を経て
 昭和58年フリーとなり、
 これまでに創作した作品は4,000を超え、
 数々のヒット作を世に送り出している。
 現在、(社)日本作詩家協会会長を務める。

 賞罰
 昭和46年 運輸大臣より海事功労賞
 昭和60年 運輸大臣より交通文化賞
 昭和61年 紫綬褒章
 平成11年 第50回日本放送協会放送文化賞
 平成12年 勲三等瑞宝章


時は絶えず流れ、
今、微笑む花も、明日には枯れる
 

 
 

P R
カビの生えない・きれいなお風呂

お風呂物語        

Furo1111_2
九月末まで、キャンペーン