読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ雲

繰り返しと積み重ねの、過ぎ去る日々に、小さな希望と少しの刺激で、今を楽しくこれからも楽しく (^o^)

妄想劇場・一樂編

妄想劇場・一樂編

信じれば真実、疑えば妄想


昨日という日は歴史、
今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー

 
Mituo 人の為(ため)と
書いて
いつわり(偽)と
読むんだねぇ 
 

 
『思いやり !・・・』


犬も食わない・・・と言えば、
夫婦げんかのことだ。
田所良太は、妻の真知子と詰まらぬことで
言い争いをしてしまった。
良太が妻の妊娠を知ったのは、
ほんの2週間前のことだった。
結婚して3年目。 そろそろ欲しいなぁ、と
思っていた矢先のことでもあり、
飛び上がるほどに喜んだ。 ところが、
その妊娠がきっかけとなり、夫婦間に亀裂が入った。

3年間我慢していた妻のストレスが、
噴出したのだった。
「いつも言ってるでしょ。シャツのポケットから
ハンカチを出しておいてよねって!  
この前なんかコンビニのレシートが入ったままで、
洗濯してたいへんだったんだから」
「洗面台がまたビショビショ! 
使ったらちゃんと拭いてよね」
「いつも良太の実家にばっかり気を遣って。
少しは私の身にもなってよね!」

本当は、そんなことは最近になって
始まったことではないはずだ。
しかし、気分が悪くて食べ物がろくに取れない日もある。
そのはけ口が、良太に向かったのではないかと思っていた。

今日は、朝からバスで駅前のデパートへ買い物に出掛けた。
レストランで昼ごはんを食べている最中、またしても・・・。
「い~い。私は絶対に私立じゃなきゃダメ! 
この子がイジメに遭ってもいいと思ってるの?」
「そんな極端な・・・。イジメに遭わないように
強い子に育てればいいよ」
「何言ってるのよ。小学生に強いも弱いもないのよ。  
良太はちょっと空手ができからって、勘違いしてるのよ!」
「なんだよ!勘違いって!」

要するに、子供を私立に入れるか、
地元の公立へ通わせるかという教育方針でもめたのだった。
まだ、産まれてもいないのに・・・。
(これはマズかったかな)と良太が思ったときには遅かった。
真知子は、プイッと席を立ち、レジで精算を済ませて
店を出て行った。
追いかけるようにして良太がついていく。

こんな時、(ごめん、悪かったよ)と素直に
言えればいいのだろうが、良太も今日は意地を張っていた。
このところ、妻の文句ばかりを浴びて、
我慢に我慢を重ねていたので爆発してしまったのだ。
バス停の列に真知子が並ぶ。その後ろに良太が立った。
しかし、真知子は振り返りもしない。
すぐにバスはやって来た。

二人が乗り込むと、車内はほぼ満席だった。
一番後ろのシートが空いていた。
リアウインドウを背にした六人掛けだ。
一番両端にそれぞれ乗客が座っている。
そして、真ん中に、若い母親と幼稚園の制服を来た
女の子が座っていた。
先に乗って、奥へ奥へと進んだ真知子が、母親の隣に座った。
後を追う良太は、仕方なく幼稚園の女の子の隣へ。

夫婦で、母娘をサンドイッチしたような恰好になった。
良太は、(参ったなぁ~)と思った。
家に帰るまで、なんとかご機嫌を取って
仲直りしたいと思っていたのだ。
チラッと真知子の方を向くと、
わざと良太の視線を避けてか、
その女の子にやさしげな眼差しを送っていた。

バスが動き出してしばらくすると、女の子が母親にせがんだ。
「ねぇ~読んで~」女の子は、手提げカバンから、
絵本を取り出した。
「いいわよ。バスの中だから、小さな声でね」 「うん」
母親は、女の子と自分の真ん中に絵本を置いた。
「ごんぎつね」と書かれてあった。良太はハッとした。

昔、昔、ずっと昔に読んだ覚えがあった。
それも、まったく同じものを。
たしか、父親が誕生日に買ってくれた
ものだったような気がした。
少し遠目に絵本を覗いた。母親が、ささやくように
読み始めた。

「これは、わたしが小さいときに、
村の茂平というおじいさんから聞いたお話です」
良太は、おぼろげな記憶がよみがえってきた。
(そういえば、大好きな話で、何度もオフクロに読んで~と
頼んだっけ
でも、ストーリーがおぼろげにしか思い出せない。

ごんというキツネはいたずら好き。 兵十(へいじゅう)が
川でウナギを獲っているのを見つけ、
こっそりと魚籠の中のウナギを川へ戻してしまいます。
「うわあ、ぬすっとぎつねめ」
ごんはウナギが首に巻き付いたまま逃げました。

十日後のこと。 ごんが兵十の家の前を通ると、
何やら大勢の人が集まっています。
最初は、秋祭りかと思ったが、違うらしい。
兵十の母親が、病気で亡くなったのだ。
ごんは、その時、初めて知りました。
母親に食べさせたくて、兵十は
ウナギを獲りに行ったのだいうことを。

それを自分は・・・。
あんないたずらをするんじゃなかった」と反省します。
ごんは、お詫びにと、いわし売りの籠を盗んで、
兵十の家の中に投げ込みます。
喜んでくれると思いきや、反対に兵十は
泥棒と思われていわし売りに殴られてしまう。

ごんは、今度こそはと、栗を拾って来て、
兵十の家にこっそり届けます。来る日も来る日も。
兵十は、誰の仕業かわからず、
「きっと神様の仕業だ」と思い込みました。

ここまで、聴いて、良太ははっきりと思い出した。
悲しい悲しい結末を。
それを思うと、胸が締め付けられるようだった。
母親は、娘のために、朗読を続けた。

そして、ある日のこと。 兵十は、家の中に入って来た
ごんの姿を見つけます。
ウナギを盗みやがったキツネだ。 兵十は、
納屋に立て掛けてあった火縄銃を手に、
足を忍ばせて。 戸口を出ようとしたごんを、ドン! 

倒れたごんに近づいて、兵十はびっくりしました。
土間に置いてある栗を見て知ります。
「おまえだったのか、いつも栗をくれたのは」
兵十は、火縄銃をぱたりと、取り落としました。
青い煙が、まだ、筒口から細く出ていました。……

良太は、気が付くと堪えきれずに泣き出していた。
(子供の前で恥ずかしいなあ)と思い、
下を向いて手の甲で涙を拭った。 その時だった。

「あ、あ~ん」甲高い鳴き声が聞こえた。
二つ席をはさんだところで、妻の真知子が
ハンカチを取り出して泣いていた。
「あ~ん」
驚いて、母娘が真知子の方を見る。
なんと、前の方に座っていた乗客も
「何事か」と後ろを振り返った。

その晩。 寝室の灯りを消した後、真知子が言った。
「今日は、ごめんなさい。学校なんてどこでもいいわ。  
私、思いやりのある優しい子に育てたい」
良太は、「うん、そうだな」と答えた。

(参考図書)新美南吉・「ごんぎつね」金の星社


《終わり》

Author :志賀内泰弘



歌は心の走馬灯、
 歌は世につれ、世は歌につれ、
  人生、絵模様、万華鏡…



白冰冰-銀座の蝶+みちづれ



誰にだってあるんだよ、人には言えない苦しみが。
誰にだってあるんだよ、人には言えない悲しみが。
ただ、黙っているだけなんだよ、
言えば愚痴と言い訳になるから……



時は絶えず流れ、
今、微笑む花も、明日には枯れる






P R

きれいなお風呂・宣言 

お風呂物語

furo